ジョブ型雇用やタスク型雇用が加速!プロ顧問になる選択肢とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「人間の一生おいて、必ずやらなければならないことは、自分自身を
生み出すことである。自分の可能性を自ら、引き出すのである。
そうした努力の賜物のうち、最も大切なものが自分の性格なのである。」

<エリック・フロム>

現在、「ジョブ型雇用」を本格的に導入する企業が加速しています。

「ジョブ型雇用」とは、期間限定で「職務=仕事の内容」に基づいて
最初から必要な経験、スキルを持つ人材を雇用する制度です。

企業によって取り組むべき職務内容=ミッションが明確に定義され、
労働時間によって報酬が支払われる形態ではなく、「仕事の成果」に
応じた報酬が支払われる雇用形態のことになります。

「ジョブ型雇用」では、企業がゼロから若手人材を育成するよりも、
最初から専門分野の卓越したスキルや特定の分野の課題を解決した
ノウハウを持ったプロ人材が採用される形になるため、即戦力と
なることが求められます。

これまで日本の大学卒の就職活動では、新卒だと経験やスキルが
ないことが前提で採用され、人事部から新人研修や適正を判断され、
配属部署が決まるケースが一般的でした。

ですが、「ジョブ型雇用」が加速してくると、仕事内容や責務が
最初から明確に決まっていて、それ以外の職種や部署に変更になる
ケースは無くなります。

そのため、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の
「プロ顧問」がクライアント企業から仕事依頼を受け公募している
プロジェクトへの参画と概念的には近いワークスタイルになります。

現在、コロナ渦の影響により打撃を受けた業界では、早期退職の嵐が
巻き行っています。今、40~50代会社員がコストカットの標的になり、
日本のサラリーマンの70%が定年まで働けないと考えています。

ジョブ型雇用が当たり前になると中高年会社員は苦境に立たされ、
生き残りが厳しくなって来ますが、一方では、世界的にはシニア世代や
若手を問わず、スキルを武器に働くプロワーカーとしてフリーランスに
なるビジネスマンが爆発的に増えています。

■ジョブ型雇用のメリット
1、求職者側のメリット
専門職の仕事に集中できることで、「専門スキルを磨きやすい」
「自分の得意分野、学んでいきたい分野に集中しやすい」というのが
最大のメリットです。

2、企業側のメリット
専門分野に強い人材を採用できること。そして、専門分野の人材を
育てていきやすいことがメリットとして挙げられます。
リモートワークとの相性もよく、コロナ対策や従業員の通勤負担も
軽減されることも期待できます。

アメリカでは既にジョブ型雇用からタスク型雇用の動きが進んでいます。
このタスク型雇用とは、「スポット的に人材を配置して仕事を回していく」
という考え方に基づいています。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、10年前から
既にこのワークスタイルになっていましたが、より短期的なスパンで仕事を
する形が「タスク型雇用」と考えていいでしょう。

KENJINSの事例で考えると、プロジェクトや案件ごとにスポットで適切な
「プロ顧問」を投入して行く形とほぼ同じになります。

以前から、システム開発の受託開発では、複数のエンジニア人材が案件毎に
集められ、予算や納期が決まっている中でプロジェクトを推進する形は
一般的でした。

KENJINSだと特に販路開拓の課題を抱えている会社から依頼を受けて、
人脈ネットワークを持つ「営業顧問」を活用し、「トップダウン営業」を
推進する動きが、まさにフリーランスによる「タスク型雇用」該当します。

東京商工リサーチの調査によれば、2020年に早期退職希望を募った企業は、
93社と前年比で2.6倍に増加しています。コロナ渦による業績悪化が顕著な
大手企業では年功序列制度が廃止され、抜本的な組織構造改革が必要になり、
ジョブ型の採用にシフトする勢いが激しくなっています。

ですが、反対に副業が解禁され、パラレルワークもOKな時代に移行して来て
いるため起業家精神を持ち合わせた人に取っては、今だかつてないチャンスが
到来しています。ですので、悲観的になる必要は全くありません。

なぜなら、サラリーマンとして1つの会社に雇用され安定した人生を選ぶか、
本業に従事しながら副業に取り組むか、組織の中の出世競争という呪縛や
終身雇用という足枷を外し、年功序列の弊害の中からいち早く抜け出すかは、
自分自身で選択できるからです。

好きな仕事に携わり、働く場所を自分で選び、フリーランスとして自由に生き、
魅力的な複数のプロジェクトに参画し、アグレッシブな挑戦を選ぶかどうかは、
あなた次第です。

1つの会社のジョブ型雇用やタスク型雇用に人生を左右される雇用の世界から離れ、
複数のクライアント企業から感謝され、やりがいのある「プロ顧問」として独立し、
70歳を超えても大車輪の活躍ができる戦後最大の機会が訪れているのです。

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

喜びや達成感、充実感が湧き上がる良い習慣はありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「失敗にしても、成功にしても、人間が何かを実現できるか どうかは、当人の習慣によって決まるんだよ。」 カーネギー鉄鋼創業者<アンドリュー・カーネギー> 私たちの毎日は、様々な習慣によって構成されていますが、...[続きを読む]

目の前の困難を克服したら、どんな収獲がありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「困難につぶされなければ、人はその経験によって 強くなれる。」 ドイツの哲学者・古典文献学者<ニーチェ> 困難な状況が訪れた時にどのように対応できるかで、 その人の未来は変わってきます。 なぜなら、...[続きを読む]

価格競争の渦に対抗できる、付加価値を創出できてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「衰退期の製品を持ち続けると、代替製品の考案が遅れ、 アンバランスな製品ミックスを生み出し、経常利益に損失を与え、 将来の企業の基盤を弱めることになる。」 <フィリップ・コトラー> 既に誰もが分かっている...[続きを読む]

問題に目を背けることなく、機会に転換していますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「いまこの瞬間は、あらゆる瞬間と同じく、 どう対処すべきかさえ分かっていれば、またとない機会なのである。」 ...[続きを読む]

リアルの経験を積み上げ、創造力を磨いてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「ベンチャー精神とは、無から有を創造することである。 先手を取るから成功するものであって、後手、後手じゃ勝つわけがない。」 日清食品創業者<安藤百福> ベンチャー企業が独自のポジションを獲得する ためには...[続きを読む]