快適空間から抜け出し、ラーニングゾーンに踏み込んでますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「人生には、進歩と退歩の二つしかない。
現状維持とは、つまり退歩している証なのだ。」

<ニーチェ>

起業家が己のビジョンをステイクホルダーに信じて貰うためには、
専門の経験と知識にも基づき、不確実性とリスクを減らすために、
綿密なビジネスプランを策定し、周りに話して見ることです。

なぜなら、事業計画は揺るぎない自信に裏付けられたものですが、
信念に支えられた起業家は、ドリームキラーからの批判に動揺したり
怖気づくことなく、本当の支援者の意見に耳を傾けられからです。

今の実力と将来に設定したゴールには雲泥の差があったとしても、
目標達成のために厳しいラーニングゾーンに飛び込む勇気があれば、
己の本能が心から実現を望むことに距離が縮まってゆくのです。

快適空間から抜け出し、ラーニングゾーンに踏み込んでますか?

<本田季伸>

【解説】
コンフォートゾーンとは、楽な領域を指し、ストレスや恐れ、
不安を感じることがなく安心して過ごせる今の自分にとって
心地よい状態の安全エリアのことです。

サラリーマンとして給料が保証され、安定した人生を生きる人は、
人生の90%以上を居心地の良いコンフォートゾーンで過ごすと
言われています。

しかし、居心地のいい場所に居続けると人間は成長できません。
頑張らなくても生きていけるからです。コンフォートゾーンのことを
「ぬるま湯」や「ゆでガエル理論」と表現する人もいるくらいです。

そのため、もし成長が必要だと考える時は、コンフォートゾーンの
外へ足を踏み出し、未知のエリアであるラーニングゾーンに移動し、
リスクを背負い新たな領域にチャレンジする必要があるのです。

カーナビでも目的地を設定しないと、目的の場所にたどり着くことは
できません。それと同様に人生でもゴールとなる目的地を設定しないと、
そこへ辿り着くことはできないのです。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSの創設者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問料の中間マージンをゼロ」「顧問報酬100%」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

厳しい状況に陥っても復活できる知見を伝承していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、 人に釣りを教えれば一生食べていける。」 哲学者<老子> クライアントに対して、長年に渡って培った「知見」を 伝承する時は、企業の経営状態や経営者のレベルに応じて ...[続きを読む]

1つの言葉を使い続け、マインドシェアを獲得してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「マーケティングにおける最も強力なコンセプトは、  見込み客のなかに、ただ1つの言葉を植えつけること。」 〈星野佳路〉 顧客の頭の中にある「マインドシェア」を高めるためには、 自分をイメージする「象徴...[続きを読む]

物事の実現を心から信じ、前向きに立ち向かっていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を 見つけだし、自分を乗り越えることができる。」 本田技研工業創業者<本田宗一郎> 困難な状況を前に、起こる問題を解決する力を得るには、 自分なら願っているこ...[続きを読む]

実践と平行して、自分の武器を常に磨き上げていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「起源的には実践は理論に先行する。 しかし、ひとたび理論の立場にまで自己を高めると 理論は実践に先行し得る。」 〈フォイエルバッハ〉 効果的に顧客を獲得し、長期的な関係を構築するためには、 過度な売り込...[続きを読む]

新しい変化を手にするために習慣化してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「習慣は木の皮に文字を刻むようなもので、 その木の長ずるにつれて文字を拡大する。」 作家・医者<サミュエル・スマイルズ> 何か新しい変化を手にするためには、「習慣化」する 必要があります。 通常、新...[続きを読む]