自分中の新たな可能性を引き出す、何かに挑んでいますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「どんな偉大な事業も、はじめは、全て『夢』に過ぎなかったのです。
だから必要なのは勇気です。

前人未到の道をひとり征くには、勇気が必要なのです。
真に新しいものは、何ごとであれ、人々の不評を買うものです。
だから、勇気が必要なのです。」

政治家・国際政治学者<ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー>

従来の常識を破り、新たな道を切り開くために必要なことは、
勇気を持って成し遂げたい事業に挑戦することです。

なぜなら、普通の人が、恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしい
などと感じる事を恐れずに、自分の信念を貫き向かっていく、
積極的で強い心意気があれば、あらゆる限界を超えることが
可能だからです。

たとえ周囲からの猛烈な反発を予測できても、倫理的に正しく、
自分が正しいと信じることのために行動を起こせたなら、
人々はあなたを「勇気がある人だ」と称賛するのです。

自分の中の新たな可能性を引き出す、何かに挑んでいますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

イノベーションを起こし、業界の基準を創出してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「イノベーションは誰がリーダーで、誰が追随者かをはっきりとさせる。 自分がクオリティの基準となりなさい。」 アップル共同設立者<スティーブ・ジョブズ> 業界のリーダーを目指すなら、バラバラで伝わりにくい ...[続きを読む]

あなたは専門家になるために、あるゆる失敗を重ねていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「専門家とは、非常に狭い範囲で、 ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。」 理論物理学者<ニールス・ボーア> 優秀な専門家の条件は、ある特定の分野に深く精通していること されていますが、そんな専...[続きを読む]

解明したい事柄をハッキリさせ、先駆けて行動してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「アイデアを見出す目さえ持っていれば、 自分の想像力を発揮できる分野は至る所にあります。 人より先に走りだす者こそ創造者なのです。」 <ヴィタ・サックヴィル=ウェスト> 新しいアイデアを想像するた...[続きを読む]

限界の先にあるものにチャレンジしていますか?

おはようございます。本田季伸です。 「私はいつも自分のできないことをしている。 そうすればできるようになるからだ。」 〈パブロ・ピカソ〉 自分の能力を最大限に発揮するには、己の限界に 挑戦することです。 なぜなら、登山の場合でも専門家が緻密な計算と ...[続きを読む]

世界的なユニーコーン企業になるための要件とは?

最近よく「ユニコーン企業」という言葉を耳にしますね。ユニコーンが空想上の動物である「一角獣」だということはわかりますが、「ユニコーン企業ってどんな企業?」と頭に疑問符が浮かぶ方は多いでしょう。本稿では、今さら人には訊けないユニコーン企業について解説します。また、ユニコーン企業の共...[続きを読む]