新規事業のスピードを重視するなら何をどのように実行しますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「優れたアイデアをすべて自分で着想することなど誰にもできない。
大切なのは学習するスピードであり、優れたアイデアを実行する能力である。」

デルの創設者<マイケル・デル>

新しいビジネスや商品を発想する時は、自分の強みを認識し、競合他社を調査、分析しながら、顧客ニーズに合わせて差別化を図っていくのが近道です。

なぜなら、自分のアイデアだけでなく、他者からも学ぶ姿勢を持っていれば、複数の成功モデルを組み合わせて、独自のビジネスを創り上げて行くことも可能だからです。

慎重にビジネスプランを検討することも大事ですが、他社に先駆けて仕掛けることができれば、実践の中から改善を加え、これまでにない斬新なビジネスモデルをスピーディに育て上げることもできるのです。

新規事業のスピードを重視するなら何をどのように実行しますか?

<本田季伸>

【人数無制限】複数の顧問が成果報酬型でリファラル営業を支援
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

社内ベンチャーとは?新規事業立ち上げの成功確率を高める方法

企業が新しい製品や事業を創り出すことを目的に「社内ベンチャー」を立ち上げ、独立した組織運営を推進する取り組みが増えています。 社内で新しく事業を起こす「社内ベンチャー制度」を導入している企業がありますが、実際は失敗に終わるケースが多く、損失を出してしまうことが多いのが現状で...[続きを読む]

自分がその事業に挑む意義を明文化し、協力者を集めてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人は全て自主独立すべきものである。 自立の精神は、人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。」 <渋沢栄一>近代日本経済の父 スタートアップの起業家が事業領域をフォーカスする際には、なぜ、あなたがそ...[続きを読む]

確固たる強い意思を持ち、夢の実現に向けて猪突猛進してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「成功の秘訣は、目的遂行に対する首尾一貫した姿勢である。」 政治家<ベンジャミン・ディズレイリ> ビジネスで頂点を極めるには、事業の立ち位置や役割を的確に理解し、ブレない「サービスの軸」を作り、一時の流行りに...[続きを読む]

バリュー・チェーン分析とは?付加価値の連鎖を最大化させるコツ

企業は自社商品やサービスのうち、顧客から見て特に付加価値が高い部分、つまり「自社の強み」を見出し、その強みを育成していくことが非常に重要になっています。 その理由としては、今や人々は自分の欲しいものを世界中どこからでも見つけ出し、納得のいく価格で購入できるようになったからで...[続きを読む]

成功者の共通点である読書をする習慣はありますか?

こんにちは、本田季伸です。 「知恵を見出した人や、分別をもつ人は幸いである。 彼がそれを得たことは、銀を手に入れることよりも 値打ちがあり、その収入は純金よりも高価である。」 作者不詳<旧約聖書> 未来をつくるためには、自分の分野で成功するために 必須とな...[続きを読む]