最初に就いた仕事をどんな基準で選択していましたか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「最初の仕事はくじ引きである。
最初から適した仕事につく確率は高くない。」

経営学者・社会学者<ピーター・ドラッカー>

若い学生が、魅力的だと感じる業界や企業を探し、
仕事に就いたとしても、本当に自分にとって適した
仕事ができるかどうかは、実際にやってみなければ、
判断することが出来ないものです。

だから、人気のある業界や現在の企業規模だけで、
良い悪いを決めるのではなく、まずは、仕事に就く
ことで、多くのことを学び、経験しながら、自分を高め、
強みを発見していくことも可能なのです。

それには、たとえ、今は小さくても、成長している
中小企業やベンチャー企業にも着目し、競争優位性
を分析してみることも役立つはずです。

どんな基準で最初の仕事を選択していましたか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

勢いという波に乗れる状態を自ら作り出していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「波に乗っているときは、勢いに身を任せることだ。 君を一段高いレベルに引き上げるのは、君の内なる存在だ。 プロゴルファー〈グレッグ・ノーマン〉 自分が「波」に乗っていると感じた時は、 「勢いの力」を利用し...[続きを読む]

自分の夢が既に実現したかように振る舞っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「自分がなりたいと思うような人間に、既になった 気持ちで行動せよ。間もなく必ずそうなる。」    <ジョージ・クレイン> 究極の夢を実現するには、人生の全てを賭けてでも、 絶対に成功して見せるんだという...[続きを読む]

顧客ニーズを汲み取り、顧客価値を創出してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「魚釣りは奥深い数学のようなものだ。 誰も完全にマスターする事はできない。」 〈アイザック・ウォルトン〉 効率良く魚を釣るコツは、「魚の好み」を理解し、 狙った魚が沢山いる「場所」で竿を出すことです。...[続きを読む]

人々のアタマの中に何者だと憶えられたいですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「何によって憶えられたいかを自らに問い分けること。 その問いかけが人生を変える。」 経営学者<ピーター・ドラッカー> 自分という「ブランド」を作るには、自分の役割や立場を 認識し、明確な「自分の軸」を持つ...[続きを読む]

人との繋がりの輪を活かし、一人の限界を超えてますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「成功者の定義と条件は、誇りや充実感のある仕事と 信頼できる最小限の共同体を持っていること。」 <村上龍>...[続きを読む]