考えるだけでワクワクする、期限つきの夢を持ってますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「夢は夢でしかないが、
目標とは具体的なプランと期限つきの夢のことである。」

著述家<ハーベリ・マッケイ>

夢を実現するには、「夢や目標、欲しいモノを紙に書く」
ことが、無限の可能性を引きだす第一歩なのです。

なぜなら、大きな夢を持っているとしても、達成したいと
願う期限を意識し、具体的な目標を定めければ、ただの
憧れで終わってしまうからです。

だから、ゴールから逆算し、そこに到達する期限を決めて、
今日、出来ることから、スタートを切ることが、夢を形に
する原動力となるのです。

考えるだけでワクワクする、期限つきの夢を持ってますか?

<本田季伸>

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

リスクを冒してまでも、挑戦したいことはありますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「もしも高いゴールに到達したいのなら、何らかの リスクを冒さなければならない。」 マラソン選手<アルベルト・サラザール> 誰でも本当に成し遂げたいと、心から思うことならば、 多少のリスクがあったとしても、...[続きを読む]

何かを教える前に「考え方」を教えていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「考え方を教えるべきで、考えたことを教えるべきではない。」 ドイツの作曲家<コルネリウス・グルリット> 何事も基本となる考え方をマスターすれば、やり方を理解し、 正しく実践することができるものです。 ...[続きを読む]

人のやる気を高める、三つの原則を実践していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「可愛くば、五つ数えて、三つほめ、二つ叱って、 良き人となせ。」 <二宮尊徳> 人を動かすためには、「褒める、叱る、手本を示す」 という三つの原則を使いこなすことです。 なぜなら、人が成長する可...[続きを読む]

勇気を出して自分自身の手で夢の扉を空けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「すべての人が何らかの檻に入れられています。 でも扉の鍵はいつも開いているのです。」 <ジョージ・ルーカス> 何か大きなことを成し遂げるためには、今の自分自身に できる簡単なことから、まず始めてみることで...[続きを読む]

既存市場に新機軸をもたらす、創造的破壊に挑んでいますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「起業家は、新結合を遂行し、古い産業の衰退を促す。 確立されたビジネス手法が、より優れた新たな手法により 創造的に破壊される。」 経済学者<ヨーゼフ・シュンペーター> 起業家として業界のリーダー的な企業を...[続きを読む]