あなたからしか買えないオリジナルな物はありますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「人とは違う道を行き、旧来の考え方を無視すること。
もしすべての人が同じ方向に進んでいるなら、
全く逆の方向へ行き、自分独自の市場を見つけるチャンスだ。」

ウォルマートの創業者<サム・ウォルトン>

オンリーワンの市場を作るには、人と同じ事をやらず、
「自分を信じ」、本当に実現したいと考えていることを、
最後まで貫き通すことです。

なぜなら、今まで他の人が、やったことが無いことは、
その他大勢との「違い」があるからこそ「価値」があり、
「差別化優位性」があると言えるからです。

人とは違う事を考えて実行することが、独自性に繋がり、
「顧客から選ばれる理由」となるのです。

あなたからしか買えないオリジナルな物はありますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSプロデューサー★「顧問のチカラ」伝道者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。業界初のサービスであることにこだわり、地域密着型コミットサイト、有店舗連動型ブランド品オークションサイト、日本初の出前サイト、セミナーチケット共同購入サイトなどを立ち上げる。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを世界で初めて考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケットのパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設する。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。特に複数の「営業顧問」の人脈ネットワークを活用した大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

TQCとは?製造業がTQCに全社を挙げ参加型で取り組むメリット

現在、企業は経営の効率化、新製品の開発、新規分野への進出といった現状打破の戦略を展開する基盤として、第一線職場の高い能力と活力が重要な要素となっています。その打開策として考えられているのがTQCです。 TQCは、自ら考え、自ら学び、自ら行動することにより無限の可能性を引き出...[続きを読む]

説明責任とは?社長や政治家が社会から説明責任を期待される訳?

最近、ニュースや株式公開企業における株主総会の場で「説明責任」という言葉を聞くことが増えました。説明責任が必要になるケースは、企業だけでなく政治家や芸能人など、不祥事が起こった場合だけではありません。 説明責任は、TPOによって捉えられる範囲が曖昧で不明確であるため、経営者...[続きを読む]

4Pとは?ヒット商品を作り売るためのマーケティング戦略のコツ

マーケティング手法を考える枠組みのひとつに「4P」があります。中小企業でも4Pを意識して自社のプロダクトを開発し戦略を練り上げれば、売上に繋げる基本的な要素を押さえた効果的なマーケティング戦略を描くことができるようになります。 そこで今回は、マーケティング4Pの概要について...[続きを読む]

あなたは、もうゴールに向けて走り始めていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「仲間より頭ひとつ抜け出す人間とは、 若くして目標を定め、その目標に力をそそぎ続けた人である。」 政治家<リットン> 大きな夢を実現したいと願うなら、到達したいゴールを決め、 自己研磨しつつ、継続した...[続きを読む]

今あるものに感謝し、活性化する事を考えてみませんか?

「今は”ないもの”について考えるときではない。 ”今あるもの”で、何ができるか考えるときである。」 アメリカの小説家・詩人<アーネスト・ヘミングウェイ> 過去に一度、目を通した書籍や資料を再読してみると、 忘れていた内容を思い出し、それを何度も咀嚼することで よ...[続きを読む]