相手の持つ可能性を信じ、愛情を持って接していますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「可愛がられ、抱きしめられた子供は、
世界中の愛情を感じ取ることを覚える。」

子育てコンサルタント・著者<ドロシー・ロー・ノルト>

人を育てる時は、今は未だ「発展途上」の段階であった
としても、出来る限りの「愛情を注ぎ込む」ことです。

なぜなら、未知なる「可能性を信じ」、深い愛情を持って
接してあげれば、心の中に「愛する」という感情が芽生え、
相手の期待に応えたいという心が目覚めるからです。

見返りを求めずに愛を注ぐことに、意識を向けて行けば、
その想いが「相手の心に伝わり」、ポジティブな「共鳴」を
起こすのです。

相手の持つ可能性を信じ、愛情を持って接していますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

最初に就いた仕事をどんな基準で選択していましたか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「最初の仕事はくじ引きである。 最初から適した仕事につく確率は高くない。」 経営学者・社会学者<ピーター・ドラッカー> 若い学生が、魅力的だと感じる業界や企業を探し、 仕事に就いたとしても、本当に自分にと...[続きを読む]

自分自身をどのような存在だと自己認識していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人を変えるのに必要なことは、 彼自身の自己認識を変えることである。」 心理学者〈エイブラハム・マズロー〉 やる気がない人の「モチベーション」を高めるには、 動かずにはいられなくなる様な、「自発的な動機」...[続きを読む]

外見的な美しさだけでなく、内なる美しさを磨いていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「十六歳で美しいのは自慢にはならない。 でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ。」 <マリー・ストープス> ある程度の歳を重ねても、美しく綺麗でいるためには、 外見だけでなく、内面もしっかりと磨くこと...[続きを読む]

誰でも納得することができる、科学的な裏付けを集めていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「決断に必要なのは、誰でもうなずける科学的な根拠である。」 本田技研工業の創業者<本田宗一郎> 非常識な選択をしているように見える、大胆な経営者でさえ、 その影では、多くの事実情報に基づいた実験や観察などを...[続きを読む]

棚から牡丹餅が降って来るのを期待していませんか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「蒔いたものしか、刈り取ることはできない。 そこに近道はない。それが農場の法則。」 作家・経営コンサルタント<スティーブン・R・コヴィー> 大きな収穫を得たいなら、本当に成し遂げたいことを 明確にし成すべ...[続きを読む]