継続が生み出す、楽しさの構図を作り出してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営元社長   パーマリンク

おはようございます。

「この世界で継続ほど価値のあるものはない。
 才能は違う。天才も違う。教育も違う。
信念と継続だけが全能なのである。」

〈レイ・クロック〉

高い目標を達成するためには、瞬間、瞬間における
自分の反応の仕方を適切な「コントロール」によって
変えていくことです。

なぜなら、物事を継続し、小さな達成を繰り返す事で、
「自分にはやれる気がする」という、「自己効力感」を
身に付けていけば、目標へ到達する能力に対する感覚が
高まり、「遂行可能感」が上がってくるからです。

固い信念と結びつき、長期間に渡って継続することで
培った膨大な積み重ねは、自分の心の中に大きな自信を
呼び込み、専門的なスキルだけでなく「自己肯定感」を
育んでくれるのです。

継続が生み出す、楽しさの構図を作り出してますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

悪習慣を断ち切り、良い習慣を増やし人格を高めてますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「人々がもしも着実に努力をしたならば、人々から誹謗 されようと、欺瞞されようと、それぞれが益となり、 それぞれ...[続きを読む]

情熱を持って自らを売り込むことに躊躇していませんか?

こんにちは、本田季伸です。 「経験と実績がない時は、 エネルギーと情熱を売り込めばいいのだ。」 アメリカ合衆国の実業家、作家<ドナルド・J・トランプ> 相手の心を効果的に動かすには、「ロジック」と「感情」を 融合させて示し、「自らを売り込む」ことに躊躇しない...[続きを読む]

過去の良い出来事をプログラミングし、再現できますか?

こんにちは、本田季伸です。 「あらゆる出来事の最も良い面に目を向ける習慣は、 年間一千ポンドの所得より価値がある。」 イギリスの文学者<サミュエル・ジョンソン> 成功確率の高い仕事を始めるには、過去の思いがけない 幸運な発見を思いだし、上手く行った出来事を...[続きを読む]

「賢人たちに学ぶ 自分を磨く言葉」の韓国発売が決定!

こんにちは。本田季伸です。 韓国で賢人たちに学ぶシリーズ第二弾、 「賢人たちに学ぶ 自分を磨く言葉」が 発売されることになりました。 日本の文芸の書籍の中で年間1000点近くが 韓国でも出版され、意外にも日本の本が ベストセラーになった例も多いそうです。 ...[続きを読む]

思いついたアイデアを紙に書く習慣はありますか?

こんにちは、本田季伸です。 「ばかげたアイデアでも紙に書いてみよ、 そうすれば素晴らしいアイデアが生まれてくる。」 著者<アレックス・F・オズボーン> アイデアを具現化する、最も簡単かつ効果的な方法は、 「アイデアを紙に書く」ことです。 なぜなら、紙に...[続きを読む]