人を責めず、仕組みを改善する策を講じていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「人を責めず、人を理解し、自分の器を大きくする。
これが、自分を向上させるということである。」

<呂坤>

自分の器を大きくしたいと考えるなら、何かの過ちを
犯してしまった人を必要以上に責めないことです。

なぜなら、何かトラブルが生じたとき、人は自分が
責任を負いたくない心理から、誰かのせいにしがち
だからです。

起きてしまった事柄に対し責任を追及するのではなく、
これからどのような対策を行えば再発防止に繋がるの
か検討し、問題解決を図る方が重要なことなのです。

人を責めず、仕組みを改善する策を講じていますか?

<本田季伸>

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

デザイン思考でユーザーや市場の本質的なニーズを掴んでますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「個人や会社が、物がひしめき合った市場の中で差別化を図るためには、デザインや共感、遊び心などの、「ソフトな資質」が最も重要なアプローチとなるのである。」 <ダニエル・ピンク> スタートアップの起業家が差別化優位性を図る秘...[続きを読む]

1つの言葉を使い続け、マインドシェアを獲得してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「マーケティングにおける最も強力なコンセプトは、見込み客のなかに、ただ1つの言葉を植えつけること。」 <星野佳路> 顧客の頭の中にある「マインドシェア」を高めるためには、自分をイメージする「象徴的な言葉」を選び抜き、...[続きを読む]

摩擦を恐れずに、自分の考えや主張を述べてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと、きみは卑屈未練になる。」 <吉田秀雄> 何かの変革を起こすためには、周りの顔色を見てから、自分の態度を決めるのはやめ、周囲の意見や摩擦を恐れないことです。 なぜ...[続きを読む]

あなたが時間と労力を投資して、知識を得る目的は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「知識は、物を売って金儲けをするための店舗ではなく、人間を救済するための豊かな倉庫である。」 哲学者・法律家<フランシス・ベーコン> 知識・経験・人脈を携えた者が、その知見を昇華させるためには、物事の真理を得る目的を明確...[続きを読む]

顧問の成果主義とは?顧問契約にも成果主義を導入すれば良い訳

新型コロナウイルスの感染予防として広まったテレワークの影響で、様々な企業で顧問やフリーランスを活用する会社が劇的に増えています。 その際、即戦力となる顧問の活用と顧問報酬の考え方として現在、成果主義が注目を集めている状況です。 そこで今回は、顧問の成果主義とは何か、顧問契約に...[続きを読む]