不利な状況でも相手の意表を突き、心理戦を制してますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。

「意表をつけ。
機先を制して、相手を自分の思うがままにせよ。」

<岩崎弥太郎>

交渉などで不利な状況でも引けを取らないためには、
「相手の意表を突く」ような提案をしてみることです。

なぜなら、明らかに自分の立場が弱いと感じられるような
場面でも、反対に強気の態度を植え付けることができれば、
どう見ても強い交渉相手でさえ、不安に感じ始めることも
あるからです。

恋愛にも駆け引きがあるように、いかなる状況でも知恵を
働かせ、押して駄目なら引いてみるとなど、相手の感情や
心理を読み取り、冷静に対処する姿勢が必要なのです。

不利な状況でも相手の意表を突き、心理戦を制してますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営会社社長 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

社内ベンチャーのカ二バリーゼーションとは?競争環境も必要な訳

社内ベンチャーを立ち上げる意義としては、社内から事業アイデアを公募することで社内起業家を育成することが大きなミッションになります。 ですが、最初のアイデアを元にビジネスプランを作成しても、簡単に売れる商品やサービスになる革新的なテーマが出てくることはまず期待できません。 ...[続きを読む]

既存市場に新機軸をもたらす、創造的破壊に挑んでいますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「起業家は、新結合を遂行し、古い産業の衰退を促す。 確立されたビジネス手法が、より優れた新たな手法により創造的に破壊される。」 経済学者<ヨーゼフ・シュンペーター> 起業家として業界のリーダー的な企業を作り...[続きを読む]

適切なタイミングで、アイデアを出し実行に移していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「時機を得たアイデアは迫り来る軍隊に勝る。」 詩人、小説家<ビクトル・ユーゴー> 新規事業の成功要因として、革新的なビジネスモデル描き、アクションプランを練り上げ行動を起こすことが重要ですが、それ以上に、「タ...[続きを読む]

あなたの人生のミッション・ステートメントは何ですか?

こんにちは、本田季伸です。 「人生とは自分を見つけることではない。 人生とは自分を創ることである。」 19世紀のアイルランドの劇作家<ジョージ・バーナード・ショー> めまぐるしく変化する環境の中で生き抜くには、 自分の中に判断や行動の礎となる、「原則を持つ」...[続きを読む]

今よりも進歩するために、変化を起こしていますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 「進歩に変化はつきもの。 自分の考え方を変えられない人に、 何かを変えることはできない。」 <ジョージ・バナード・ジョー> 何かを変えるには、今まで取り組んだことが無い、 ...[続きを読む]