禍を転じて福と為すための行動を取ってますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。

「失敗とは、再始動したり、新しいことを
試したりするために与えられたチャンスだ。
私はそう信じている。」

ケンタッキーフライドチキン創業者〈カーネル・サンダース〉

「もうダメかもしれない」と思えるような
不測の事態に直面したとしても、いつまでも
凹んでばかりいないで、今出来る打開策を
見つけることです。

なぜなら、たとえ何度も失敗したとしても、
トライ&エラーを繰り返しながら、粘り強く
最善を尽くして行けば、逆境の中だからこそ
巡り会えるチャンスが必ずあるからです。

現在がいかなる状況であったとしても、決して諦めず、
しっかりと前を向いて考え、行動することをやめない限り、
人は皆、自らの知恵や周囲の助けを得て、再起する力を
持っているのです。

禍を転じて福と為すための行動を取ってますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

やる気を引き出すスイッチを自ら押していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「とにかく、とりかかれば心が燃え上がるし、 続けていれば仕事は完成する。」 ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家<ゲーテ> 「モチベーション」が上がらないと感じた時は、 まず、軽い気持...[続きを読む]

グロースハッカーの需要が増えた理由とは?

■グロースハッカーとは? グロースハッカーとは、世界でもっとも最先端のIT職種のひとつ。シリコンバレーで流行し、日本のIT業界にもその需要は急速に広まっています。優秀なグロースハッカー達は豊富な広告費や予算がなくても、サービスのユーザー数やリテンション率を飛躍的に伸ばすことがで...[続きを読む]

リレーションシップを組み、顧客ニーズを掴んでますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け。 仕事上の親切というのは、相手を納得させることに尽きる のではないだろうか。」 〈本田宗一郎〉 新しい事業アイデアを創出するには、顧客と一緒になって ...[続きを読む]

意欲的に行動ができる様な、新しい習慣を作っていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から 変えるべし。」 パナソニック創業者・発明家<松下幸之助> 働くモチベーションが低下していたり、体調を崩している という時は、行動や思考も一定のパターン...[続きを読む]

知識という鎖の虜にならず、自由な発想で物事を見つめ直してますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「ひらめき、発見は、深い知識だけでなく、広い視点、多くの経験、 これまでにどれほど自由な思考遊びをしてきたかがものを言う。」 <エドワード・デボノ> ...[続きを読む]