成果報酬型の営業支援で既存事業の収益改善に貢献

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 企業インタビュー   パーマリンク

■クライアント概要
クライアント業種:ITプロダクトのメーカー
対象事業(売上高):約20億円
営業人員数:約10名

■プロジェクト背景
同社は、ライバルとなる競合他社のプロダクトと比較して、クライアント企業が提供する製品の市場評価は非常に高かった。しかしながら、その製品力を活用した市場でのシェア拡大がうまく実現できずにいた。そのため、製品力の訴求方法や営業手法そのものの見直しが必要と考え、KENJINSにセールスグロースハック(売上アップ)コンサルティングを依頼した。

■プロジェクトの目的
2年後に粗利額+10億円を実現するための、戦略・戦術の立案
伴走型での戦術実行支援による、確実な効果創出

■既存メンバーで継続的に成果を創出し続けるためのスキルトランスファー
これまで展開した営業を見直し、クライアント・プロダクトそれぞれの軸を掛け合わせて、事業部の現状を可視化することから開始し、収益改善に向けた方向性仮説を構築した。事業部の営業人員に対する複数回のヒアリングを通じて、収益改善に向けた方向性仮説を検証し、具体的な改善施策を立案した。現行リソースや期間制約などを加味した施策の優先順位付けをし、短期間での成果創出を図った。

■セールスグロースハック(売上アップ)成果
プロジェクトの目標としていた粗利額+10億円に対して、初年度で+5億円の効果創出に成功。翌年には、+11億円の効果創出に成功し、プロジェクト当初の計画値+110%を達成することができた。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を運営しているプライドワークスは、これまでの顧問紹介会社やコンサルティングファームの概念を破壊し、プラットフォームを武器にした新しい事業課題解決法を常に模索し、クライアントにとって最も成果につながる、企業価値を向上させるサービスを追求し続け、「完全成果報酬」でコンサルティングを手掛ける国内唯一の経営コンサルティングファームです。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 ★連続起業家★著者★人脈コネクター★KENJINSの創設者★プライドワークス株式会社 代表取締役。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、チケットや会員証として携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、発明者として20件以上の特許を申請し権利を取得。2002年にKDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートで電子チケット入場を実用化させ、モバイルチケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75,000部を超える。2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進。「顧問料の中間マージンをゼロ」「顧問報酬100%」をスローガンに、これまでの顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「サブスクリプション型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

顧問紹介会社を活用し顧問契約する大きなメリットとは?

組織にとって優秀な人材の確保は重要な課題です。しかし、少子化による売り手市場が続く新卒採用は相変わらずの採用難。その余波は中途採用にも及び、優秀な人材を採用することはなかなか容易ではありません。そのため多くの企業では、採用コストと手間が増加し続けているようです。 人材紹介会...[続きを読む]

シニア人材・顧問人材への仕事依頼とシニアの活用方法とは?

『知恵・経験・人脈』中小・ベンチャーの不足を補う画期的システム。それが日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」だ!新たなアイデア、革命的な技術、先進のサービス。ベンチャー企業は、優れた武器を手に起業するが、その武器を有効活用するための土台作りが難しい。この仕組みを作...[続きを読む]

成果報酬型で大手企業の役員との商談機会を半年で30件創出!

■事業の課題 年商では20億を超えているものの、若手の営業担当者を正社員として採用しても、取引関係が全くない大手製造メーカー新規のアプローチが難しく、見込客との関係性がほとんど無い状態で、自社のメンバーによるテレアポや営業代行会社を活用してもキーマンとの商談機会を作ることすら難...[続きを読む]

営業顧問のチカラを活用し最短で売上アップを実現!

現状の経営課題 同社では、元々、ゼネコンやサブコン、マンションデベロッパーなど大手企業に対して、新規の建築やビルのメンテナンスに必要な足場建設に特化し、足場資材の提供から施工管理を行っていました。その中で、東日本大震災や東京オリンピックの需要もあり、ここ数年は順調に事業が拡...[続きを読む]

経営課題の解決に顧問を活用し大きな成果が出た理由とは?

多くのスタートアップ企業では、深刻な人材不足課題を解決する在り方として、フリーランスの顧問やプロ人材による外部人材の活用への注目が集まっています。これまで企業が外部人材を活用するシーンは、ノンコア業務が中心で、活躍の場が限定的であることが多くありました。しかしながら現在、フリーラ...[続きを読む]