KPIとは?新規事業のKPIを作り目標達成の評価をしてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「質問を呈する勇気と、考え抜いて出した答えの深さによって、我々は世の中に意味合いを見出すことができるのである。」

天文学者、作家<カール・セイガン>

新規事業の課題を解決するためには、「KPI」を設定することでその問題が引き起こされた、本当の原因を「特定」することです。

なぜなら、良い面も悪い面もその結果をもたらした根本的な問題を見つけることができれば、困っていることの80%は解決することが出来るからです。

あらゆるビジネス活動は投資を伴う以上、より少ないリソースで、より高い目標を達成する必要に迫られます。

そして、そのためには、何らかの形で「目標の設定」「戦略の実行」「達成水準の評価」「次のステップに向けた改善活動」は、必要不可欠な要素になります。

スタートアップは、人々の悩みや不満、既存の仕組みの問題点を発見し、どんなものがあれば解決できるか?を徹底的に「考え抜く」ことが、付加価値を創造する原点になるのです。

新規事業立ち上げのKPIを作ることで目標達成の評価をしてますか?

■KPIとは?
KPIとは、重要業績評価指標のことで、目標の達成に向けた行動を評価するための指標として多くの企業で採用されています。

事業目標を達成するために実行すべきプロセスが、適切に実施されているかを数値化して評価するものです。

営業の現場では、訪問件数や受注件数、解約件数などがKPIとして設定されることが多いです。KPIを具体的に設定すれば、目標に到達するための進捗度合いを正確に把握できます。

KPIは定量的な数値が用いられるため、評価基準を統一できます。

KPIで達成すべき目標を社内で共有することで、組織全体のモチベーションが上がり、生産性向上につながります。

目標達成のプロセスにおいて課題が発生した場合は、すぐに共有でき、社員全員で課題に立ち向かえるので、結束力が高まり、組織全体での相乗効果が期待できます。

■新規事業のKPIの運用設計の手順
KPIの運用設計の手順は下記の通りです。

1、設計の準備を整える。
最初に、設計の準備を整えます。運用設計の準備では以下に取り組むと効果的です。

KPIを設定することで、目標達成のために社員それぞれがどのような行動をすればよいのかわかりやすくなります。

やるべきことが明確なので行動もしやすくなり、業務スピードも向上します。

・社内でKPIに対する認識を共有するため、指標の定義を確認・整理する。
・KPIをスムーズに測定するため、データ取得方法を確認する。
・KPIの運用をより柔軟性の高いものにするため、代替案となるKPIの検討する。

2、運用のルールやプロセスを設計する。
次に、運用のルールやプロセスを設計します。

個でもチームでもKPIに基づいて実行・管理をすることで、業務において最大限の成果を出すことができるでしょう。

・誰がどのタイミングで何をするかといった、PDCAのプロセスと会議体の設計
・組織メンバー一人ひとりに運用時の役割を設計
・KPIを可視化するためのルール、ツールといった仕組みの設定
・KPIの結果を振り返るための場所や振り返り方法の設定

などを設計していきます。設計した内容は、組織内でしっかりと共有していきましょう。

3、補足的な検討事項を確認する。
最後に、補足的な検討事項を確認します。ルールやプロセスを設計しても、何らかの漏れが生じることはよくあるものです。

KPIを設定した後は、KPIに基づき日々の業務においてPDCAサイクルを回します。

業務の細分化することでPDCAが高速化し、効率的なプロジェクトの進行を実現します。

・社内外への情報開示に関する共通のルール
・バッティングしたKPIへの対応方法
・PDCAを活かした振り返りの結果、KPIや目標値を見直すプロセス
・外部環境といった状況変化への対応方法
・個人の目標管理・評価制度との関係

などについては、事前に検討しておく必要があります。KPI設定は、社員の行動指針に加えて、組織全体のモチベーション向上の効果も期待できます。

しかし、適切なKPIを設定し事業を軌道に乗せるためには、ノウハウやスキル、充分なリソースの確保も必要になります。このことから、KPIの導入が難しい場合もあるでしょう。

■まとめ
ビジネスの本質は「最小の投資で最大の効果を上げること」です。そして「最小の投資で最大の効果を上げる」ためには「何に資源を集中させれば効果は最大になるのか?」という選択と集中が欠かせません。

そのため、「現状の課題を解決する」あるいは「現状のビジネスの強みを活かす」ためには、KPIに基づいた現状分析は欠かせないステップになります。

その数値は、実現可能であり、従業員にやる気の出る数値であることが必要です。

KPIの導入は企業における問題解決に有効な手段となります。ですが、余りに高い目標値を掲げても、従業員は初めから諦めの気持ちになり、チーム全体のモチベーションの低下に繋がるからです。

そのような結果にならないためにKPIを導入前には、導入の意義、効果、必要とする作業、成功例、失敗例等々についてステークホルダーに十分な説明をすることが大切です。

KPIを設定する際には、要因毎に過去の数値と比較し、現状の取り組みを分析した上で必要な改善点を見つけ、客観的かつ論理的な数字を設定することが必要です。

もし、あなたの新規事業に適切なKPIをすることが設定できれば、ビジネスの現状は可視化され「KPIの時系列比較分析」や「競合比較分析」によって、ビジネスの課題や強みを見出すことが可能になるのです。

【人数無制限】複数の顧問が成果報酬型でトップダウン営業を支援
https://kenjins.jp/lp/saleslep/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

プロ顧問や副業顧問のバリュープロポジションを構築してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「人々はこれまで、限定的な経済的役割しか果たして来なかった。従業員は組織のサイロに閉じ込められ、何をするかは上司が決めた。多くの人が、情報、権力、資本の輪から外され、経済の末端部分にしか参加できずにいた。」 <ドン...[続きを読む]

人間心理を見抜き、人を奮起させる施策を打ってますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「成功に秘訣というものがあるとすれば、 それは、他人の立場を理解し自分の立場と同時に、 他人の立場からも物事を見ることができる能力である。」 <ヘンリー・フォード> 人の士気を高め、心からメンバーを奮起さ...[続きを読む]

業界や仕事を問わず社内にホスピタリティ精神を育ててますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「どんなものでも、二度と買うまいと思う理由の70%から90%は、その商品の質や価格とは、関係がない。それは、サービスに対する不満に原因がある。」 <バリー・ギボンズ>バーガー・キングCEO 「ホスピタリティ」...[続きを読む]

感情の力を制御し、正しい方向に活かしていますか?

おはようございます。本田季伸です。 「いつも炎のように燃えていること。 宝石のようなこの激しい炎をもって、 いつも感動にうちふるえて生きていること。 それこそが人生における成功である。」 〈ウォルター・ペーター〉 大きな「成功」を勝ち取るには、行動の源とな...[続きを読む]

量が質を生み出すほどの行動ができていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「才能は食卓塩よりも安い。 才能ある人と成功者の差は、努力の量だ。」 アメリカのモダンホラー小説家<スティーブン・キング> 一度掲げた目標を「思い通りの結果が出ないから」と 途中で諦めている人の多くは、才...[続きを読む]