自分を超えるために、過去の自分と戦っていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。

「己自身と闘うことこそ最も困難な闘いであり、
己自身に打ち克つことこそ最もすばらしい勝利である。」

格言詩人<ローガウ>

何らかの領域で技を磨き、業界のトップを狙うならば、
高いレベルを目標にして、自己修練に励むことです。

なぜなら、特定の分野でスキルアップを図るとき、大きく
飛躍できるかどうかを左右するのは、最終的に自分自身が
どこまでを目指しているかが大事な要素になるからです。

本当に素晴らしい勝利とは、他人と比較することではなく、
具体的な数字で計測をしながら、常に自らの到達度を見定め、
自らの結果を超えるために、努力を続けることなのです。

自分を超えるために、過去の自分と戦っていますか?

<本田季伸>

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

過去の成功体験という足枷を外し、変革に挑んでますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「同じ企業組織のなかで、現状の路線を維持しながら、 破壊的イノベーションを導入し、新たな市場を開拓する 試みを...[続きを読む]

ビジョンを掲げ、明確な方向性を示していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「基本理念を維持し、進歩を促すようにしてさえ いれば、必ず時代を越えて一流であり続けられる。」 <ジェームズ・C・コリンズ> チームを効果的に動かすには、リーダーの頭の中 にある考えをまとめ、組織が目...[続きを読む]

確実に成果を上げるためには、何が一番大切なことですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「考えてばかりいないでとにかくやるべきことをやれ。 人生とは頭で考えたり難癖をつけたりして変わるようなものではない。」 <ラルフ・ワルド・エマーソン> 戦略や戦術を十分に練った後は、それを実行に移せるかどう...[続きを読む]

顧客の頭の中に、どのようなイメージを持たれたいですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」をお届けします。 「何かを発明したり発見したりするだけでは不十分だ。 消費者の頭の中に最初に入っていくことが不可欠なのだ」 <アル・ライズ> 自社の製品やサービスを差別化し、顧客に認知して貰うには、 顧客の頭の中に、自...[続きを読む]

顧客の話に耳を傾け、目を向けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「私はイチゴミルクが大好物だが、魚はどういうわけかミミズが大好物だ。 だから、魚釣りをする場合、自分のことは考えず、魚の好物のことを考える。」 実業家・作家<デール・カーネギー> 特定の物事に対し、自分が持...[続きを読む]