社長が会社の方向性を決める重要性とは?会社のゴール設定とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

コロナ渦の蔓延により、日本のみならず世界経済の環境が激変しています。このように先が読みに難い時代には、どういう方向性と戦略で独自性を出していくかということが、経営を大きく左右します。

方向性を決めることは社長でなければできないことです。そこで今回は、ゴール設定と方向性を決める重要性について解説します。

「チューリップの根っこにバラの花は咲かないでしょう。逆に根っこさえしっかりすれば、枝葉の部分はおのずと決まってきます。ビジョンが決まればやるべきこともおのずから決まってきます。」

<田中仁>メガネ店JINS創業者

創業オーナー社長として役割は、外部環境の変化や、同業他社と比べての自社の強みなどを認識したうえで、早い段階で会社のゴールとなる方向性を決めることです。他社と差別化を図り、業績を上げるために、「何をやるか」「何をやめるか」の方向性を決めることです。

会社の方向性を決めることは、社長の80%の仕事が完了したと言われるくらい重要だと言われています。

なぜなら、最終的に何が企業のゴールが何なのか分かっていない社長は、企業の将来にとって本当に正しい意思決定をすることができないからです。

最近のインターネットベンチャー界隈では、第三者割当増資により、数億や数十億の資金調達が流行のようになっており、資金調達をすることが当たり前で、ファイナンスに成功した社長が凄いと思われるような風潮があります。

ですが、安価な株価で新株を発行して資金調達をすることは、大変なリスクが孕んでいることを認識すべきです。資金繰りの大変から抜け出したい一心で、簡単に新株式を発行してしまうことは、自身の大事な体の一部を切り売りしていると同じです。

株主が増えることで一時的な軍資金を得られます。ですが、同時に大きな責任が生まれ、自分の意志だけでは会社の方向性を完全にコントロールすることが出来なくなります。

ですので、誰にも影響を受けず自分の意志のみで会社の舵を切りたいと思う社長は、自助努力で事業を軌道に乗せ、リスクマネーに頼り過ぎない選択肢もあると認識することが必要です。

■会社のゴールの種類
グローバルな基準では、会社のゴールの種類は、最終的に3つしかありません。
それは、・・・

1、株式公開を目指す(上場する)
2、M&Aを目指す(会社を売る)
3、100年企業を目指す(永続企業を作る)

つまり、究極的な方向性的には、3つの選択肢しかありませんので、社長として何を目指すのか?の方向性を決める必要があると言えるのです。

創業社長の代でIPOもしくはM&Aのいずれかが実現できることもありますが、2代目や3代目までどれにも該当せず、事業が途中で行き詰まることもあります。

スタートアップの起業には、自身が創業した会社がどこに向かっているのか?究極のゴールは何なのか?そして将来的にスタートアップがどのようにしてその地点に到達できるのか?といった、道筋や未来を可視化できるビジョナリーである必要があります。

つまり、スタートアップを成功させるための最初のステップは、会社がどこに向かっていくのか、顧客にどのような価値を提供したいのか、明確な「ブループリント」を描くことこそが、成長の原動力になるのです。起業家の種類は、概ね以下の3つです。

1、0→1→100のビジネスをつくり、会社・事業を短期間で急成長させる起業家
2、連続起業家として0→1のビジネスを複数生み出す、シリアルアントレプレナー
3、100年続く創業社長として0→1から、会社規模・事業規模を維持する事業家

日本には、およそ3万におよぶ「長寿企業」と呼ばれる会社が沢山あります。「創業100年以上の企業」が相当数存在しています。創業200年を超える企業に至っては、日本の会社は、実に世界全体の約56%を占めると言われています。

このような現象は、日本人の特有の民族性や考え方も大きく影響しています。100年企業が多い業種は、「製造業」「卸売業」「小売業」になります。

「モノ作り大国」である日本には、日本の産業界の根幹を支える製造業を営む企業も多く存在しています。こうした多数の「長寿企業」の存在は、日本ならでは極めて重要な資産であり、国力の源泉とも言える大切なものなのです。

■まとめ
会社の方向性を決めることは、社長としての最も重要な仕事であると言っても過言ではありません。

その理由としては、現状のビジネスでは、越えなければならない課題があったとしても、最終的な『ゴール』が明確になっているのであれば、前を向いて前進することが可能になるからです。

まずは、社長自身の『ゴール』を策定してから、『会社のゴール』を決め、それらを実現するためのビジネスプランを作成することをお勧めします。

■最後に
日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」なら、経営戦略に精通した専門家や企業の課題に適切な解決策を提案できる沢山の顧問と繋がることができます。

会社のゴールを決めたい、事業契約書の作成について知りたい、自社に活用したいという方は一度、KENJINSの専門家にご相談ください。

顧問の活用なら「顧問報酬100%」で「中間マージン無し」でダントツの費用対効果を保証しています。その理由は、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」は、業界で唯一、人数無制限のエージェント型で「顧問のサブスク」モデルを提供しているからです。

KENJINSなら、人脈を活用した営業支援を問わず、経営戦略をベースにした新商品開発や新規事業立上げの戦略的なアドバイスと実行サポートが可能です。

プロジェクトの内容やフェイズに応じて、人材が必要な時に期間限定で外部のプロフェッショナルを定額で何人でもアサインすることが可能です。

1ヵ月の無料お試しもできるため、大事な局面でノンリスクで顧問を活用頂けます。

【人数無制限】「顧問のサブスク」なら、業界最安値のKENJINS
https://kenjins.jp/lp/subscription/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

誰かに貢献する喜びを、自分の幸せとリンクさせてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「貢献することによって得られる意味と満足感こそが、 自分の最大のエネルギー源であり、自己実現を超える ものになり得るのである。」 作家・コンサルタント<スティーブン・R・コヴィー> ビジネスを上手く行かせ...[続きを読む]

コンサルティング営業とは?リファラル営業による販路拡大とは?

現在は飛び込み営業をしている営業マンを見かける機会は減り、販路拡大にはインターネットを活用したマーケティングを展開した上で、「コンサルティング営業」と「リファラル営業」の両輪で取り組むことが、販路拡大のメインストリームになっています。 従来のセールスと変化したのは新規顧客獲...[続きを読む]

変化を起こすために有言実行を心掛けていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「本物の変化とは人が行うことであり、一時の変化は人が言うことである。」 経営学者<ピーター・ドラッカー> たとえ斬新なアイデアを考案したとしても、その内容を誰かに話さない限り、何かが変化することはありません。...[続きを読む]

あなたにとって真の名薬と言える物は何ですか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「どんな名医や名薬といえども、楽しい、面白い、うれしい、というものに勝る効果は、絶対にない。」 <中村天風>ヨーガ行者 世の中には、なぜか、運がいい人と悪い人がいます。 両者の決定的な違いは、自分の心が...[続きを読む]

エクイティストーリーを構築し、適時アップデートしてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。 十分な金が無ければ、人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう。 <サマセット・モーム>イギリスの劇作家、小説家 スタートアップのファイナン...[続きを読む]