力はあるが今本当に困っている人を助けてあげてますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。

「多くの人を救うより、ひとりのために全身全霊を
捧げる人の方が気高い。」

<ダグ・ハマーショルド>

真のビジネスを作るには、目の前で困っているような
人を見捨てることなく、出来る範囲で手を差し伸べて上げて
こそ、自分自身も事業も発展してくるものです。

なぜなら、本当に助けが必要な時に、他の誰からも協力を
して貰えないような厳しい状況中で、「人の役に立つ」
行動を取ることが出来れば、その人だけでなく、周囲の人
からも尊敬を勝ち取ることが出来るからです。

現在がどんな立場だとしても、以前お世話になった人や、
一時的には失敗してしまった人であっても、これからが
期待できると自分なりに思えるなら、率先して手を貸して
上げることで、「いざ」という時に自分を助けてくれる
力強い味方になるのです。

力はあるが今本当に困っている人を助けてあげてますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

プラスの影響を与えてくれる人と付き合ってますか?

こんにちは、業界唯一の顧問契約マッチングサイト 「KENJINS」の本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「どんな人間と付き合うかが大事だ。 良きつけ悪しきにつけ、周りの人間から受ける 影響は計り知れない。 だから、誰と時間を共有するか、極めて慎重に ...[続きを読む]

ビジネスモデルが不変で提供する商品を変えてますか?

こんにちは、経営顧問のプロフィ-ルを見える化した 業界唯一の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の 本田季伸です。 本日の名言をお届けします。 「電気を発明したのはベンジャミン・フランクリン だったかもしれないが、電気で儲けたのはメーターを 発明した人物...[続きを読む]

ハンズオンによる支援がベンチャー企業に必要な訳?

急速な成長を目指すベンチャー企業にとって、外部からのリスクキャピタルの調達は不可欠であり、日本の新興市場に新規株式公開を果たした企業の約80%がベンチャーキャピタルから投資を受けています。しかし、ベンチャーキャピタルが果たす役割は資金提供だけに留まらず、ハンズオン投資を行うケース...[続きを読む]

何事も積極的に体験し、実践で学ぶことを大事にしてますか?

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 「そもそも人間とは、実際に自分で体験し、 十分よく飲みこむということを知らなければ、 人というものではない。」 思想家・教育者・兵学者<吉田松陰> 私達は、本やインターネットなど、様々なメディア によって日々情報...[続きを読む]

完璧を目指さず、第一歩を踏み出していますか?

おはようございます。 「完璧主義は、創造の天敵である。」 〈ジョン・アップダイク〉 現在のレベルで新しい事業をスタートさせて 良いものかどうか悩んでいる時は、最初から 完全な状態にしなくては始められないという、 「完璧主義を捨てる」ことです。 なぜな...[続きを読む]