メラビアンの法則を活用する方法とは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 専門家インタビュー   パーマリンク

メラビアンの法則の具体例とビジネスでの適用

メラビアンの法則は、人間のコミュニケーションにおける非言語情報の重要性を示す法則です。

具体的には、言葉の意味よりも、声のトーンや表情、身振りなどの非言語情報の方が、人々が情報を受け取る際に重要であるというものです。

ビジネスの世界でも、この法則を活用することで、より効果的なコミュニケーションを実現することができます。

たとえば、プレゼンテーションの際には、言葉だけでなく、自分の声のトーンや表情を意識して伝えることで、聴衆の興味を引きやすくなります。

また、ビジネスでの対面の場面においても、相手の非言語情報に注目することで、より正確なコミュニケーションが可能になります。

このように、メラビアンの法則を理解し、ビジネスの場で活用することで、より効果的なコミュニケーションが実現できます。

メラビアンの法則とは何か?

メラビアンの法則は、人間のコミュニケーションにおける非言語情報の重要性を示す法則です。具体的には、言葉の意味よりも、声のトーンや表情、身振りなどの非言語情報の方が、人々が情報を受け取る際に重要であるというものです。

この法則は、心理学者のアルバート・メラビアンによって提唱され、一般的なコミュニケーションにおける情報伝達にも適用されています。

非言語情報が持つ影響力を理解し、それを活用することで、より効果的なコミュニケーションが可能となります。

メラビアンの実験と7-38-55ルール

メラビアンの実験と7-38-55ルールは、メラビアンの法則の基礎をなす重要な概念です。

メラビアンは、非言語情報がコミュニケーションに及ぼす影響を調査するために様々な実験を行いました。

その結果、人々が他者とのコミュニケーションにおいて、言葉の意味よりも非言語情報によって情報を受け取る割合が非常に高いことが示されました。

例えば、7-38-55ルールでは、人が他者の意図や感情を理解する際に、言葉の意味が占める割合は7%に過ぎず、声のトーンが38%、そして非言語情報(表情や身振りなど)が55%を占めるとされています。

この実験は、非言語情報の重要性を示すとともに、コミュニケーションにおいて言葉だけでなく非言語情報にも注意を払う必要性を示唆しています。

このルールを理解し、実践することで、より効果的なコミュニケーションスキルを身につけることができます。

メラビアンの法則が示す重要なポイント

メラビアンの法則が示す重要なポイントは以下の通りです。メラビアンの法則によると、人間のコミュニケーションにおいて以下の比率で情報が伝わるとされています。

言葉の意味: 7%

声のトーンや音の大きさ: 38%

身振りや表情などの非言語情報: 55%

このことからも、非言語情報が与える影響の大きさがうかがえます。

例えば、相手に対して明るい表情で話すことで、親しみや好意を示すことができるため、ビジネスシーンにおいても重要なポイントとなります。

メラビアンの法則の誤解と正しい理解

メラビアンの法則の誤解と正しい理解のポイントについて、以下に解説します。

メラビアンの法則は、非言語情報の重要性を示す一方で、その法則そのものに対する誤解も存在します。

一般的に誤解されがちなのは、「コミュニケーションの93%は非言語情報であり、7%しか言葉によるものではない」という言い方です。

実際には、メラビアン自身がそのような研究を行っておらず、このような割合を示すものではありません。

正しい理解としては、メラビアンの法則は特定の状況下でのコミュニケーションにおいて非常に重要な要素であることを示しています。

具体的には、感情や態度の表現、相手との関係構築などにおいて非言語情報が大きな影響を与えるということです。しかし、これは必ずしも全てのコミュニケーションに当てはまるわけではありません。

こうした誤解と正しい理解を踏まえて、メラビアンの法則を活用する際には、その法則の背景や条件を正しく理解し、適切なコミュニケーションに活かすことが重要です。

よくある誤解

メラビアンの法則にはよく誤解される点があります。それは、非言語情報がすべてのコミュニケーションにおいて93%を占めるという説です。

しかし、実際にはこの割合は特定の状況下での一部のコミュニケーションに関するものであり、全てのコミュニケーションに当てはまるものではありません。

メラビアンの法則を誤解なく活用するためには、その本質を正しく理解することが肝要です。

正しい理解のためのガイドライン

正しい理解のためのガイドラインについて、以下に解説します。メラビアンの法則を正しく理解し活用するためには、次のポイントに注意することが重要です。

まず、メラビアンの法則はあくまで一つの法則であり、全てのコミュニケーションに当てはまるわけではありません。この法則を過信せず、状況や相手に応じて適切に使い分けることが大切です。

次に、非言語情報だけでなく、言葉によるコミュニケーションも重要であることを理解することが重要です。言葉の選び方や伝え方も重要な要素であり、それらが非言語情報と相互に影響を及ぼすことを考慮する必要があります。

さらに、相手の状況や文脈を考慮して、適切なコミュニケーションを行うことが重要です。

メラビアンの法則は相手の受け取り方に影響を与える一方で、相手の背景や文化的要素も考慮することが大切です。

以上のガイドラインを踏まえて、メラビアンの法則を理解し、効果的に活用することが重要です。

メラビアンの法則を活用したコミュニケーション術

メラビアンの法則を活用したコミュニケーション術は、ビジネスシーンで重要なスキルです。この法則を活用することで、相手により効果的に伝えることができます。

まず、言葉だけでなく、自分の声のトーンや表情に意識を向けてみましょう。

プレゼンテーションや会議での発言の際には、自分の声のトーンや表情が伝わるよう工夫することで、相手により響くメッセージを伝えることができます。

また、相手の非言語情報にも注目しましょう。対面の場面では、相手の表情や姿勢から感じ取れる情報があります。それらを読み取りながら、より適切に対応することができます。

さらに、相手の話をよく聞くことも重要です。相手が伝えたいことだけでなく、その背後にある感情や意図を読み取ることで、より深いコミュニケーションが可能になります。

メラビアンの法則を活用したコミュニケーション術は、ビジネスにおいて相手との円滑な関係構築や効果的な意思疎通を図る上で、大きな影響力を持ちます。

非言語コミュニケーションの重要性

非言語コミュニケーションの重要性は、私たちが日常的に行っているコミュニケーションにおいて欠かせない要素です。

言葉以外の要素が実は多くの情報を伝えており、それらを無視することはできません。

まず、表情や身振り、視線などの非言語情報は、相手に対して自分の感情や意図をよりダイレクトに伝える役割を果たしています。

これらの情報は、相手との関係構築や信頼関係の構築において重要な役割を果たします。次に、声のトーンやリズムも重要な非言語コミュニケーションの要素です。

同じ言葉でも、声のトーンやリズムによって伝わる印象が大きく変わります。

さらに、姿勢や身だしなみなどの要素も重要です。

相手に対するリスペクトや信頼を表すことができるため、非言語情報への配慮はビジネスシーンにおいても大きな影響を与えます。

非言語コミュニケーションの要素を意識し、適切に活用することで、より効果的なコミュニケーションが実現できるでしょう。

適切な表情と身振り手振り

適切な表情と身振り手振りは、メラビアンの法則を活用したコミュニケーションにおいて重要な要素です。まず、表情に関しては、笑顔や真剣な表情など、相手に伝えたい感情に合った表情を心がけましょう。

これによって、相手に自分の感情や姿勢が伝わりやすくなります。

また、身振り手振りも効果的です。過度な動きや乱雑な身振り手振りは逆効果ですが、適度なジェスチャーを取り入れることで、言葉だけでは伝えきれないニュアンスを補うことができます。

会話やプレゼンテーションにおいて、適切な表情と身振り手振りを意識して取り入れることで、相手とのコミュニケーションをより深めることができます。

メラビアンの法則をビジネスシーンで生かす方法

メラビアンの法則をビジネスシーンで生かすためには、まず相手の非言語情報に注意を払うことが重要です。例えば、商談や会議などで相手の表情や身振りを注意深く観察し、その情報を元に相手の意図や感情を読み取ることができます。

次に、自身の非言語情報を意識して伝えることも大切です。

プレゼンテーションや交渉の際には、言葉のみならず、声のトーンや身振り、表情などを使って自分の意図を相手に伝えるよう心がけましょう。これにより、相手により深く印象づけることができます。

さらに、メールやチャットなどの非対面のコミュニケーションでも、相手が受け取る非言語情報を意識することで、より効果的なコミュニケーションが可能です。

文字だけでなく、表情や声のトーンが伝わるような表現を心がけることで、より明確な意思の疎通が図れます。

メラビアンの法則をビジネスシーンで活かすためには、相手の非言語情報への理解と自身の非言語情報の意識的な活用が欠かせません。

上司と部下のコミュニケーション

上司と部下のコミュニケーションにおいても、メラビアンの法則は重要な役割を果たします。

上司と部下という立場の違いからくる力の差がありますが、非言語情報を意識することで、より円滑なコミュニケーションが実現できます。

上司が部下に対して話す際には、声のトーンや表情、身振りなどが部下に与える影響は大きいです。

上司の表情が硬いと部下は話しにくいと感じることがありますし、声のトーンが威圧的だと部下は緊張してしまうこともあります。

逆に部下が上司に対して、自分の意見を述べたり相談したりする際も、部下自身の表情や姿勢が上司に与える印象は大きいです。

自分の意思を明確に伝えることはもちろんですが、それに加えて、声のトーンや表情、姿勢にも注意を払うことで、上司とのコミュニケーションがスムーズになります。

上司と部下のコミュニケーションにおいては、言葉以上に非言語情報が与える影響が大きいことを理解し、お互いが相手の非言語情報に敏感になることが重要です。

商談での活用法

商談での活用法は次のようになります。まず、相手の表情や身振りを注意深く観察し、その情報を元に相手の意図や感情を読み取ることが重要です。

この情報を活かして、相手の立場や要望を的確に把握しましょう。次に、自分の姿勢や表情、声のトーンにも注意を払います。

自信を持って、客観的な情報と共に意見を述べることで、相手に信頼感を与えることができます。最後に、相手の反応を見ながら、臨機応変にコミュニケーションを調整することが重要です。

相手の非言語情報を受け取りながら、適切な反応を迅速に取ることで、円滑な商談が実現できます。

プレゼンテーションでの具体例

プレゼンテーションでの具体例には、メラビアンの法則を活かすための方法があります。まず一つ目は、言葉だけでなく、自身の声のトーンや表情を使って伝えることです。

例えば、商品やプロジェクトの魅力を語る際に、声の強弱や速さを工夫することで、聴衆の興味を引きつけることができます。

さらに、表情豊かに話すことで、自分の意図をより鮮明に伝えることができます。次に、スライドや資料だけに頼らず、自分自身の姿勢やジェスチャーで情報を補完することも効果的です。

相手に視覚的な情報を与えることで、メッセージがより強く印象づけられます。また、聴衆との視線の交換を意識し、コミュニケーションを取ることも大切です。

相手の反応を見ながら、自分の表現を調整することで、より効果的なプレゼンテーションが可能になります。

以上のように、プレゼンテーションでの具体例として、声のトーンや表情、身振り、視覚的情報の活用、そして聴衆とのコミュニケーションを通じて、メラビアンの法則を活かす方法があります。

採用面接での応用

採用面接においても、メラビアンの法則は重要な役割を果たします。

面接官は、応募者の言葉だけでなく、姿勢や表情、声のトーンなどから非言語情報を読み取ることで、より正確な判断ができます。

一方、応募者も自身の非言語情報を意識し、自己アピールを行うことが求められます。

たとえば、面接では緊張しやすいものですが、落ち着いた表情や自信のある姿勢を意識して臨むことで、ポジティブな印象を与えることができます。

また、言葉だけでなく、声のトーンや話し方にも注意を払い、相手に自分の情熱や意欲を伝えることが重要です。

さらに、面接官とのコミュニケーションにおいても、相手の反応や表情を注意深く観察し、自分の伝えたいことが相手にどのように響いているかを把握することが大切です。


メラビアンの法則を採用面接で応用することで、応募者と面接官の間でより良いコミュニケーションが生まれ、採用の意思決定にも影響を与えることができます。

まとめ

メラビアンの法則を活用することで、効果的なコミュニケーションを実現できます。

この法則を理解することは、ビジネスにおいて非常に重要です。

言葉の意味だけでなく、声のトーンや表情、身振りなどの非言語情報を意識することが大切です。

プレゼンテーションや対面の場面でのコミュニケーションにおいて、相手の非言語情報に注目しましょう。

相手の受け取る情報は、言葉の意味以上に非言語情報によって大きく左右されることを忘れないようにしましょう。

メラビアンの法則を活用することで、ビジネスシーンでのコミュニケーションがより効果的になります。

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

新規開拓とは?法人営業の成功法と具体的な手法

新規開拓営業の成功法と具体的な手法 新規開拓営業の成功法とは、市場や顧客を開拓し、新たなビジネスチャンスを見つけることです。 成功するためには、まずはターゲットを明確に定め、顧客ニーズを深く理解することが重要です。その上で、効果的な営業手法を活用します。 例え...[続きを読む]

差別化戦略とは?差別化戦略の具体例と成功のコツ

差別化戦略の具体例と成功のためのポイント 差別化戦略を成功させるためには、他社との差を明確に示すことが重要です。 例えば、提供する製品やサービスの特長を最大限に活かし、顧客に与える特別な価値を強調することが効果的です。 また、顧客のニーズに合わせてカスタマイズ...[続きを読む]

事業の多角化の必要性とは?新規事業に顧問の知見が武器になる訳

プロダクトライフサイクルの短命化により、あらゆる企業を取り巻く環境はますます厳しくなっています。大手企業ですら自社の強みが突然失われ、経営が悪化する企業は多い傾向です。 会社の生き残りを図る手段の一つに、新規事業立ち上げがあります。 そこで今回は、事業の多角化の必要性とは?新...[続きを読む]

社長とは?代表取締役と社長の違い・主な社長の仕事と役割

会社という組織の中には大きく分けると、社長をはじめとする役員にまで出世する人、中間管理職止まりの人、さらには平社員として終わる人の3つのパターンがあります。 大手企業で役員になれるのは、同期入社1000人のうち1人ほどです。確率でいえば、わずか0.1%になります。 そのため、...[続きを読む]

返報性の法則とは?無料のフリーミアムが購買意識を高める訳

トップセールスや結果を出している営業マンほど、人が「買う」という行動を起こすための「心の動き」や「根源的な欲求」に沿ったセールスをしています。 顧客が商品・サービスに対して「興味を持つ」「話を聞きたくなる」「欲しくなる」「購入する」など。これらは全て、顧客の心(気持ち)が動いた...[続きを読む]