B toB向けに特化したリアルアフィリエイトとは?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 専門家インタビュー   パーマリンク

アフィリエイト広告は、商品が売れたときにだけ広告費が発生する仕組みのために、低リスクで費用対効果が高いとされます。 「会社の売上を増やしたい」と考えるのであれば、ぜひ導入を検討して欲しい集客方法の1つです。

現在、日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」では、これまでインターネット上で展開されてきたアフィリエイトプログラムの仕組みをリアルに置き換え、かつ法人企業を対象とした新規顧客の開拓に応用させた「リアルアフィリエイトプログラム」という新しいビジネスモデルを提供しています。

このリアルアフィリエイトプログラムを説明する前に、一般的なアフィリエイト自体の仕組みを知らなかったり、アフィリエイト自体を活用したことが無い会社も多いかと思いますので、そちらから解説します。

■アフィリエイト市場の急拡大
矢野経済研究所によれば、2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増の3133億円になると予想。国内アフィリエイト市場は今後も拡大するとしており、2023年度の国内アフィリエイト市場は4654億円にまで拡大すると予測しています。

■今後のアフィリエイト市場予測
今後も国内アフィリエイト市場が拡大する理由は、広告主として自社ブランド製品を持つナショナルクライアントのインターネット広告への出稿が増えているからです。

この流れは、ダイレクトレスポンス系の広告やECサイトなどでの広告出稿増加につながる可能性が高く、アフィリエイト市場においてもプラスに影響してきます。また、アフィリエイトの提案による広告出稿効果がこれまで確実に出てきており、アフィリエイトへの評価が高まっていることも市場拡大の背景にあります。

さらに、EC化率の拡大も主たる要因となり、商品購入時のEC化率の拡大やEC決済サービスの導入障壁が低くなっていくことも上げられています。

■アフィリエイト広告とは?
アフィリエイト広告とは成果に応じて費用を支払う広告手法です。指定した獲得費用 ✕ 獲得数に応じての獲得費用を支払えば良く、最も獲得単価(CPA)にブレがない広告手法です。

通常の純広告やWeb広告では、商品が売れなくても広告費が発生するということになります。しかし、アフィリエイト広告の場合費用が発生するのは成果が発生したタイミングです。成果の基準も商品が売れた時のほかに、登録、来店など、広告主側が自由に定めることができます。

そのため、自分の設定した成果が発生した時にだけ費用を支払えばよく、費用対効果が高くリスクが少ないのがアフィリエイト広告の特徴です。また、アフィリエイト広告を活用するためには、アフィリエイトASPを活用するのが一般的です。

■アフィリエイトASPとは?
アフィリエイト・アプリケーション・サービス・プロパイダの略になります。アフィリエイト広告を掲載可能な媒体を束ねているサービスを運営している会社のことを指します。ほとんどのアフィリエイトASPを利用するためには、初期費用や月額利用料が発生します。そのため、獲得数が少ない場合は結果的に獲得単価が悪くなります。

■アフィリエイトのメリット
1、費用対効果が高い
成果が発生しなければ費用がかからないため、リスクも少なく費用対効果が非常に高い広告手法です。アフィリエイト広告は安定した獲得単価で獲得したい場合に向いている手法です。質よりも量が大事な場合に特に向いています。Webサイトからの獲得数と事業の売上や利益の連動が強い場合に使用すると、費用対効果が計算しやすいでしょう。

2、あらかじめCPAを設定できる
他の広告手法と比べ、最も獲得単価が安くなる、費用対効果が優れている場合が多い。リスティング広告などでは、1件あたりの獲得単価は自分で設定することはできません。その点、アフィリエイト広告なら、成果地点やアフィリエイターへの報酬額を広告主の方であらかじめ設定することができるため、CPAが予期せず高騰する心配はありません。

3、広告では訴求できない部分をアフィリエイターが伝えてくれる
日に日に広告の審査は厳しくなっているため、広告だけで伝えられるメッセージは限られてきています。アフィリエイト広告を運用することで、広告で訴求できない部分をアフィリエイターに伝えてもらうことが可能です。

■アフィリエイトのデメリット
1、B to Bの法人企業開拓する場合には不向き
アフィリエイトサイトの殆どが個人向けのサイトであるため、法人向けの商品・サービスのプロモーションには不向きです。なるべく担当者・決裁者に効率的にリーチできる手法がベターです。

2、毎月の固定費(システム利用料)がかかる
システム利用料として月額4万円程度、初期費用として5万円程度が必要です。この固定費は、どのASPも大きく差はありません。その他に、デポジットが必要な場合もありますので事前に確認が必要です。また、6ヶ月程度の最低契約期間が定められていますのでご注意を!

3、商品または報酬で、競合との差別を図る必要がある
アフィリエイトパートナーサイト側もただ広告を掲載するだけでは0円、収益がありません。より効果がある広告・より売れる広告を、アフィリエイターは常に求めています。競合よりも優位性のある商品、魅力的な報酬設定などを提示して選んでもらうことが大切です。どちらも出せない、という場合は大きな期待はできないでしょう。

4、広告掲載サイトの確認が困難
多くのサイトにとりあえず無料掲載できるのがアフィリエイト広告のメリットである反面、その掲載面の確認は非常に困難です。サービス利用の設定で、どのようなジャンルのサイトになら掲載OK、広告主側でサイトを確認してから提携を承認する、なども選べますので必要に応じて検討する必要があります。ただし、あまり制限をしてしまうと効果自体が期待できませんので柔軟な対処が求められます。

5、短期的な広告運用には向いていない
サービスの利用開始自体はすぐにできますが、アフィリエイトパートナーとの提携・サイトへの掲載が進むのにやや時間がかかります。中長期的に効果を期待しなければならない広告手法です。効果が出るまでの期間を短縮するためにキャンペーンを打つこと(掲載ボーナスや限定報酬アップなど)も有効ですが、即効性を求める場合は他の手法の併用も検討すべきでしょう。

■広告で何をしたいのか、をまず考えよう
アフィリエイトは費用対効果の高い広告手法ですが、全ての場合に最適なわけではありません。他の広告同様に向き・不向きがあります。広告手法を選択する前にまず考えてほしいこと、それは「何を目的として広告を出稿するか」です。アフィエエイトサービスに求めるものの「1番」は何ですか?

・認知拡大?会員獲得?売上アップ?それとも・・・?
・新規顧客を獲得したい?リピーターを増やしたい?
・ターゲット層は?

何を目的とするかで、適した出稿条件が変わります。ひと口にアフィリエイト広告と言っても、成果の条件や報酬などを目的に合わせてカスタマイズする必要があるのです。

■KENJINSがリアルアフィリエイトプログラムを立ち上げた理由
日本ではBtoCを対象にした企業よりもBtoBを対象にした企業の割合の方が圧倒的に多く存在します。多くの中小・ベンチャー企業にとって、大手企業のキーマンとアポイントを取得し、商談機会を設定すること自体がハードルが高く、自社に若手の営業マンを採用したとしても、BtoB企業が見込み客獲得に非常に苦戦している姿を目の当たりにしてきました。

そうした見込み顧客獲得に困っているBtoB企業のために費用をできる限り抑えられて、効率よく見込み顧客の開拓が可能なサービスがあればと、KENJINSの『リアルアフィリエイトプログラム』を提供することにしました。

BtoB(ビーツービー)企業とは、企業間取引(Business to Business)が事業体の企業のことです、B2Bと略されることもあり、日本ではBtoCよりBtoB企業の割合が多く存在し、顧客取引対象が一般消費者(Business to consumer)ではなく企業間取引を行う会社を指しています。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を運営するプライドワークスでは、これまでBtoC対象として成長してきたアフィリエイトを、大手企業を対象としたBtoB企業にも利用いただけるようサービス展開しています。
プログラムの詳細に関しましては、KENJINSのWEBサイトからお問い合わせください。

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

新規事業でキャズムを乗り越える必要性とは?

新製品でもスタートアップでも、事業を成長させることが目的です。しかし事業を継続的に成長させることは簡単なことではありません。市場に参入してから十分に事業を拡大するまでには、いくつかの見えない「壁」があります。その一つがキャズムです。「キャズム」は直訳すると「溝」のことを指し、マー...[続きを読む]

「World Class Speaking in Action 」が、 わずか数時間でアメリカのアマゾンの三つの部門で一位を達成!

こんにちは。 KENJINSの本田季伸です。 KENJINSに「プレゼンの賢人」として登録中の 「ウィリアム・リード」さんがワールドクラススピーキングの 公式認定コーチ50人との共著で出版した 「World Class Speaking in Action 」(超実...[続きを読む]

海外での「販路開拓・拡大」を成功させる方法とは?

この数年間、右肩上がりで増加していた日本企業の海外進出意欲は、ここにきて踊り場に出て印象があるものの依然として高い水準で推移しているようです。一方で、これまでの主要進出国との賃金格差は縮小し、海外進出によって得られるメリットは低賃金の労働力ではなく、消費マーケットとしての成長力や...[続きを読む]

人材業界における5つのビジネスモデルとは?

■人材サービス産業の市場規模 人材サービス産業は、採用関連業務の代行や、人材育成のための研修事業など多岐にわたっているいますが、代表的な形態は、求人広告事業、職業紹介事業、派遣事業、請負事業ということができます、これらの4つの形態の市場規模は、売上ベースで約9兆円と推定され...[続きを読む]

顧問契約マッチングサイト登録顧問「浜口直太」顧問のご紹介

こんにちは、KENJINSの本田季伸です。 本日は、浜口顧問を紹介します。 浜口 直太(はまぐち なおた) 国際経営コンサルタント、作家 ■略歴 テキサス州立大学経営大学院MBA取得。ウォートン・スクール博士課程で財務、国際経営を専攻。米KPMGピート・...[続きを読む]