ジャストインタイムの徹底解説とそのメリット・デメリット

投稿日: 作成者: KENJINS運営会社社長 カテゴリー: 企業インタビュー   パーマリンク

ジャストインタイムの基本知識と導入のポイント

ジャストインタイム(Just In Time)は、製品や部品をタイミングよく必要な分だけ生産する手法です。

生産ラインが効率的に動き、在庫が減少するためコスト削減につながります。

しかし、生産計画のミスや原料の不足などでリスクもあります。

ジャストインタイムとは何か

ジャストインタイム(Just In Time)は、製造業や物流業における生産システムの一つです。

その特徴は、必要な部品や製品を必要な数量、必要な時に生産することです。

つまり、無駄な在庫をできるだけ持たず、需要に応じて効率的に生産する手法と言えます。

この手法では、生産ラインがスムーズに動くことが重要です。

不要な在庫を抱えずに生産するため、工程間の連携や情報共有が欠かせません。

また、トヨタ自動車などが採用し成功を収めたことで知られています。

ジャストインタイムの導入により、在庫コストの削減や生産効率の向上などさまざまなメリットが得られる一方、生産計画のミスや原料の不足などによるリスクもあるため、注意が必要です。

ジャストインタイムの定義

ジャストインタイム(Just In Time)とは、必要な部品や製品を必要な時に、必要な数だけ生産する生産手法のことを指します。

これは、需要に応じて生産することで在庫を極力削減し、その結果として生産コストの削減や効率的な生産が可能となります。

つまり、需要に追従して生産を行うため、無駄を減らし、ムダのない効率的な生産体制を構築することが重要です。

すべての部品や製品が必要なタイミングで届くように、生産計画や調達計画、物流計画などが密接に連携している必要があります。

このような連携がしっかりと機能して初めて、ジャストインタイムの効果を最大限に発揮することが可能となります。

ジャストインタイムの歴史

ジャストインタイム(Just In Time)の考え方は、日本の自動車メーカーであるトヨタ自動車が中心となって発展してきました。

1970年代にトヨタ生産方式として注目を浴び、その後、世界中の製造業に広まりました。

第二次世界大戦後の日本は資源が乏しく、経済的にも困難な時期でした。

その中でトヨタは、無駄をなくし、リードタイムを短縮する生産システムを構築しました。

この取り組みから、ジャストインタイムという手法が確立され、その後の経済復興に大きく貢献しました。

トヨタの成功を受けて、世界中の製造業はジャストインタイムの導入を進め、効率的な生産システムとして定着しています。

現在では製造業にとどまらず、サービス業など他の業種にも応用されています。

ジャストインタイムの基本原則

ジャストインタイムの基本原則は、必要な部品や製品を必要な時に必要なだけ生産することです。

具体的には、生産ラインにおいて余分な在庫を抱えず、生産が発注に応じて行われるため、在庫コストを抑えることができます。

また、生産計画は需要予測に基づき、適切なタイミングで生産するため、生産過剰や在庫の見積りミスを防ぐことができます。

さらに、生産現場においてムダを徹底的に削減することが求められます。

無駄な在庫や余剰な在庫を抱えないことで、スペースの節約や生産ラインの効率化を実現します。

これらの原則により、リードタイムの短縮やコスト削減、生産効率の向上を実現することができます。

一方で、原料の調達においてリスクが生じる可能性や生産計画の細かな調整が求められるなど、慎重な取り組みが必要となります。

後工程引取り

後工程引取りとは、ジャストインタイム生産において、直前工程や外部の業者から部品や製品を必要な時に引き取ることを指します。

この手法により、余分な在庫を抱えずに生産を行うことができます。また、直前工程や外部業者との連携が重要となります。

一方で、引取りタイミングの調整や品質管理の徹底が求められます。

後工程引取りは、生産のリードタイム短縮やムダの削減、在庫コストの削減など、効率的な生産を実現するうえで重要な要素となります。

工程の流れ化

ジャストインタイムの導入において重要な考え方の一つが、「工程の流れ化」です。

これは生産プロセスにおける無駄を排除し、工程をスムーズにつなげることで効率的な生産を実現する考え方です。

まず、生産ライン上での段取りや設備配置を工程ごとに最適化することで、作業員の移動や待ち時間を極力減らします。これにより、生産性を向上させます。

次に、部品や製品の運搬や供給を効率的に行うため、レイアウトや物流の最適化が重要です。

例えば、部品が必要な工程に適切なタイミングで供給されるよう工夫することで、在庫やムダを抑えながら生産を円滑に進めることが可能となります。

さらに、生産ライン全体でのバランスを保つため、工程間の連携や調整が欠かせません。

生産量の不均衡が生じないよう、各工程が適切なタイミングで生産を行うよう配慮することが必要です。

工程の流れ化を実現するためには、徹底的な調査分析と効果的な改善策の導入が求められます。

必要数によるタクト決定

必要数によるタクト決定 は、生産ラインにおいて製品や部品が必要とされるタイミングや数量を正確に把握し、その情報に基づいて生産スケジュールを組むことを指します。

ジャストインタイムでは、必要な数によるタクト(生産リズムやサイクル)を決定することが重要です。

製品や部品の需要が変動する中、効率的な生産を実現するためには、タクトを的確に把握し、生産ラインの動きを最適化することが求められます。

タクトの決定にはさまざまな要素が関わるため、生産ライン全体の調和を図ることが重要です。

また、タクト決定においては、製品や部品の需要予測だけでなく、納期や在庫の状況、生産設備の性能など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

これらの情報を総合的に判断し、適切なタクトを設定することで、効率的な生産を実現することができます。

ジャストインタイムのメリット

ジャストインタイムのメリットはいくつかあります。

第一に、在庫を極力抑えることができる点です。

在庫を抑えることで、その分のコスト削減につながります。また、生産ラインがスムーズに動き、ムダがなくなるため効率が向上します。

さらに、需要予測の誤差を最小限に抑えることができるため、需要変動に迅速に対応できます。これにより、顧客満足度の向上につながるでしょう。

在庫最適化

在庫最適化は、ジャストインタイムの重要な要素の一つです。在庫最適化を実現することで、企業は保有する在庫を最小限に抑えることができます。

これにより、仕入れた商品や部品が滞留することなく、迅速な生産や配送を実現できるでしょう。

在庫最適化には様々な手法やテクノロジーが活用されています。たとえば、需要予測に基づいた的確な在庫管理システムの導入や、リードタイムの短縮による在庫回転率の向上などが挙げられます。

また、供給ネットワーク全体を見渡し、適切なロケーションに正確な数量を配置することも必要です。

在庫最適化を実現することで、資金の有効活用、スペース効率の向上、および商品や部品の劣化リスクの軽減など、さまざまな利点が得られます。

しかし、需要予測の誤差やサプライチェーンの中断などのリスクも存在するため、慎重な計画と適切なツールの活用が不可欠です。

コスト削減

ジャストインタイムの導入によるコスト削減は、在庫を極力抑えることで実現されます。在庫を抑えることで、倉庫維持費や製品の保管コストを大幅に削減できます。

さらに、廃棄コストも削減されます。また、生産ラインがスムーズに動くことで、無駄な待ち時間や作業工程の遅延が減少し、生産効率が向上します。

さらに、過剰生産による在庫処分の減少や生産計画の見直しによるムダの排除、輸送コストの削減などが挙げられます。

これらの要素が複合的にコスト削減効果をもたらすため、多くの企業がジャストインタイムを導入する際にコスト削減を期待しています。

リードタイム短縮

ジャストインタイムによるリードタイム短縮のメリットは大きいです。それは、製品や部品が必要な時に必要な量だけ供給されることによって、在庫が不要となり、納期を短縮できることです。

これにより、顧客のニーズにスピーディーに応えることが可能となります。さらに、受注から納品までの流れが速くなるため、市場の需要変化に迅速に対応できます。

また、製品や部品の生産を短期間で済ませることができるため、生産性向上にもつながります。

これにより、商品の生産を素早く行い、お客様により早く提供することが可能となります。

ジャストインタイムのデメリット

ジャストインタイムのデメリットは、生産計画が狂った際に大きなリスクを抱えることです。特に自然災害や原料供給の乱れなど、予測不可能な要因が生産に影響を与える可能性があります。

適切な予備在庫が確保されていない場合、生産ラインが停止してしまうリスクもあります。

また、サプライヤーとの信頼関係が損なわれることで、原料の供給における信頼性も低下する可能性があります。

在庫切れリスク

ジャストインタイムの導入による在庫の減少は、在庫切れリスクという新たな課題をもたらします。

例えば、予期せぬ需要の増加やサプライヤー側の問題によって、必要な部品や原料が供給されず、生産ラインが停止してしまう可能性があります。

これによって顧客の信頼を損ない、納期遅延のリスクが発生します。さらに、競合他社や代替製品の影響を受けやすくなります。

在庫切れリスクを軽減するためには、信頼性の高いサプライヤーとの綿密な調達計画や、適切な予備在庫の確保が必要となります。また、生産ラインの異常時に迅速な対応が求められます。

品質管理コスト

ジャストインタイム導入における品質管理コストは重要なポイントです。品質管理のための検査や品質管理システムの維持には、迅速な対応が求められます。

導入コスト

ジャストインタイムを導入する際の導入コストは決して低廉ではありません。

新しい生産システムや生産ラインの導入、在庫管理システムの見直し、さらにはサプライチェーン全体の再構築など、多岐にわたる投資が必要です。これらの投資は大きなリスクを伴い、導入段階では予算オーバーの恐れもあります。

一方で、導入後には在庫の削減による財務面でのメリットが期待されます。適切な導入計画と効果的なコスト管理が不可欠です。

ジャストインタイム導入のステップ

ジャストインタイムを導入する際のステップは以下の通りです。

1. 生産プロセスのマッピング

まずは、現状の生産プロセスをマッピングし、無駄やムラを洗い出します。在庫の置かれている場所や量、作業の流れなどを詳細に把握します。

2. 供給ネットワークの最適化

次に、サプライヤーや物流プロセスを見直し、適切なタイミングで必要な部品や原料が供給されるように最適化します。

3. 生産スケジュールの改善

生産スケジュールを見直し、需要に合わせた生産が可能となるように改善します。リードタイムを短縮し、生産ラインの効率を高めます。

4. 品質管理の徹底

在庫が減少するため、検査や品質管理が重要となります。品質の低下を防ぐため、徹底した品質管理体制を整えます。

これらのステップを踏むことで、ジャストインタイムを効果的に導入することが可能となります。

必要な前提条件の整備

必要な前提条件の整備

導入手順と注意点

ジャストインタイムを導入する際の手順と注意点について、以下にまとめます。

導入手順:

1. リーダーシップの確立

導入を推進し、関係者に理解と協力を求めるためのリーダーシップを確立します。

2. 教育とトレーニングの実施

関係者にジャストインタイムの理念や方法について教育・トレーニングを実施し、理解を深めます。

3. 限定的な導入からのスケールアップ

まずは限定的な範囲での導入からスタートし、効果が示せれば段階的に拡大していきます。

注意点:

1. サプライヤーとの信頼関係

ジャストインタイムではサプライヤーとの信頼関係が不可欠です。適切なコミュニケーションを図り、信頼関係を築きましょう。

2. リスク管理

部品の供給リスクや生産計画のミスなど、リスクに対する備えが重要です。常にリスクを見極め、対策を講じることが求められます。

これらの手順と注意点を踏まえながら、ジャストインタイムの導入を検討していくことが重要です。

実際の導入事例

ジャストインタイムの導入事例は様々です。例えば自動車メーカーでは、生産ラインとサプライチェーン全体をシームレスに繋いで、余剰在庫を大幅に削減しました。

また、食品業界では需要予測に基づいて生産を管理し、鮮度を保った商品を提供することに成功しました。

さらに、小売業界では店舗ごとの需要を的確に把握し、在庫を最小限に抑えつつも顧客の要求に応えました。

成功事例

ジャストインタイムを導入した自動車メーカーでは、生産ラインとサプライチェーンをシームレスに連携させ、余剰在庫を大幅に削減しました。

これにより、製品の生産コストが低減し、競争力を強化することに成功しました。

また、食品業界の企業では、需要予測に基づいた生産管理を行い、鮮度を保った商品を顧客に提供することに成功しました。

これにより、在庫ロスを最小限に抑えつつ、需要にフレキシブルに対応することができるようになりました。

さらに、小売業界でも、ジャストインタイムの導入によって店舗ごとの需要を的確に把握し、在庫を最小限に抑えつつも顧客の要求に迅速に対応することに成功しました。

これにより、仕入れや在庫コストの削減だけでなく、商品の需要予測精度の向上にも繋がりました。

失敗事例と教訓

ジャストインタイムの導入に際して、失敗事例も少なくありません。

一つの原料供給元に依存しすぎたために、そのサプライヤーの問題が自社に波及し、生産に支障をきたしたケースも存在します。

また、需要予測の誤りにより在庫不足が発生し、顧客サービスに影響を与えた観点からもリスクがあります。

ジャストインタイムとIoT技術

ジャストインタイム(JIT)とIoT(Internet of Things)技術は製造業界で密接に関連しています。

IoT技術は生産ラインや倉庫内の機器をリアルタイムで監視し、データを収集することができます。

これにより、製品の需要や在庫状況を正確に把握し、JITの原則に合わせた生産や物流が可能となります。

例えば、工場のセンサーデータを収集し、製品ごとの生産状況や不良品の発生頻度を分析することで、効率的な生産計画を立てることができます。

さらに、在庫管理においても、棚卸しや入出庫のタイミングを自動的に把握し、適切な時期に適切な数量を調達することが可能です。

このように、IoT技術はジャストインタイム生産における効率化や品質管理の向上に大きく貢献しています。

しかし、セキュリティリスクやシステム障害への対応などの課題も生じるため、導入には慎重な検討が必要です。

IoTを活用した最適化

IoTを活用した最適化では、製造現場や倉庫内でのセンサーデータをリアルタイムで収集し、分析することで効率的な生産や物流を実現します。

例えば、生産ラインの稼働状況や機器の稼働率をデータ化し、故障の早期予知やメンテナンス計画を最適化します。

倉庫内では在庫の棚卸しや入出庫管理を自動化し、在庫レベルを適切に維持します。

また、製品の品質管理においても、製造過程や検査データをリアルタイムで収集し、品質異常の早期発見や原因分析を行います。

これにより、不良品の発生を減らし、生産効率を向上させることが可能です。

しかし、IoTデバイスやセンサーの設置やデータの適切な解釈には専門知識が必要であり、またプライバシーやセキュリティに関する注意も必要です。

スマートマットクラウド事例

スマートマットクラウド事例は、IoT技術を活用した製造現場における生産効率の向上や品質管理の強化の一例です。

製造ラインに設置されたスマートマットは、作業員の動きや作業時間、工程ごとの作業量などをリアルタイムでモニタリングし、クラウド上のシステムへデータを送信します。

これにより、生産ライン全体の稼働状況を把握し、生産計画の最適化が可能となります。

また、スマートマットは作業員の安全を確保するための機能も備えており、危険な領域への立ち入りを制限したり、異常な動きを検知することができます。

さらに、クラウド上のデータ解析によって、作業プロセスや機器の効率化、メンテナンスのタイミングなどの改善点を見つけ出し、製造現場全体の生産性向上につなげています。

このように、スマートマットクラウド事例はIoT技術を活用したジャストインタイム生産において、生産効率や品質管理の向上に大きな成果をもたらしています。

まとめ

ジャストインタイム(Just In Time)は、生産ラインがタイミングよく必要な分だけ生産し、在庫を抑えることで効率的な生産を実現します。

この手法を導入することで、生産コストを削減し、納期を短縮することが可能です。

しかし、生産計画のミスや原料の調達に問題が生じると、リスクも大きくなります。インフラやサプライチェーンの強化、リスクヘッジのための対策が必要です。

タイムリーな情報収集と迅速な判断が求められる一方、効率性やコスト削減といったメリットも大きいと言えます。

本田季伸のプロフィール

Avatar photo 連続起業家/著者/人脈コネクター/「顧問のチカラ」アンバサダー/プライドワークス株式会社 代表取締役社長。 2013年に日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を開設。プラットフォームを武器に顧問紹介業界で横行している顧問料のピンハネの撲滅を推進。「顧問報酬100%」「顧問料の中間マージン無し」をスローガンに、顧問紹介業界に創造的破壊を起こし、「人数無制限型」や「成果報酬型」で、「プロ顧問」紹介サービスを提供。特に「営業顧問」の太い人脈を借りた大手企業の役員クラスとの「トップダウン営業」に定評がある。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

購買心理とは?営業が購買心理学を理解すると商品が売れる訳

営業マンが新規開拓をしたり、プレゼンテーションから商談を経て、クロージングという成果を上げるためには、「購買心理学」を学ぶと効果的だと言われています。 なぜなら、「購買心理学」学んでいると、限られた時間の中で顧客との信頼関係を築き、販売に繋げることが可能になるからです。 購買...[続きを読む]

アカウント営業とは?アカウントセールスが担う大事なミッション

ライバル他社や類似製品やサービスに溢れている状況の中で、従来のただ単に製品を売り込む手法ではなく、顧客との関係構築に主眼を置いたアカウント営業を設置する営業手法が、大きな注目を集めています。 その理由としては、顧客と一対一で手を取り合いながら課題解決に向けた施策の提案を行うアカ...[続きを読む]

パラダイムシフトとは?営業のパラダイムシフトへの対応のコツ

パラダイムシフトが起これば、当然消費者の行動も変わり、企業はそれに対応していく必要があります。この対応が遅れると、企業存続の危機に直結します。 新たなサービスや技術の創出により、時代の流れが変わることが予測され、今後どのように対応していくかを考えることも必要になります。 世の...[続きを読む]

営業プレゼンとは?商談時に相手の視点に立って寄り添う必要性

プレゼンテーションは、相手の視点に立って設計することが大切です。特に法人営業シーンでの「営業プレゼン」は、仕事が決まれば、ヒト、モノ、カネが動くことになるため、話し手のプレゼンテーションに対する聞き手の判断もシビアになります。 したがって、営業プレゼンで良い結果を得るためには、...[続きを読む]

紹介営業とは?新規顧客開拓に顧問からの紹介営業を活用するコツ

人脈を豊富に持つ顧問からの紹介営業による「リードジェネレーション」を推進することは、大手企業を対象に新規顧客を開拓する上で、費用対効果が高く、大きな成果が上がる手法になっています。 なぜなら、インターネットが普及し情報過多になった時代においては、売り込みを行う会社自身が「何を言...[続きを読む]