業界初!顧問紹介の手数料を明確化し、適正価格で提供!

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

業界初!顧問紹介の手数料を明確化し、適正価格で提供
直接契約も可能な、会員制の顧問紹介サービスを開始
http://kenjins.jp/contents/reward.html

 セミナー動画配信プラットフォーム事業を展開するプライドワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:本田 季伸)は、自社運営の日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS/ケンジンズ」において、顧問紹介業界で初めて紹介手数料を明確化するとともに新料金体系を策定しました。今回の料金改定に合わせて、新たに法人会員同士のビジネスマッチングを仲介する「KENJINS会員制プログラム」の提供を開始しました。

これまで、顧問紹介業界では、年商規模が10億円前後の会社をメインターゲットにし、月額35万円(消費税別)で顧問契約を行い、誰でも名前を知っている様な大手企業や上場企業の取締役クラスを経営顧問として紹介することを売りに、経営顧問を行うのが一般的になっております。

そのため、優れた商品や価値あるサービスを提供している中小企業やベンチャー企業であっても、売上の規模が小さく、資金的な余裕のないスタートアップの会社などは、費用負担大きい割に支援頻度が少ないため、顧問活用のハードルが高く、知識・経験・人脈を豊富に持つ顧問に相談をしたくても出来ないという要望が強くありました。

特に問題となっているのは、企業からは月額35万円の費用を毎月徴収しているにも関わらず、実際にクライアントの支援業務を担当する顧問に対しては、わずか10万円の報酬しか支払わないという顧問料のピンハネ状態が横行している点です。このことが大きく災いし顧問先への月間の支援頻度が月1~2回程度と関与度合が極端に低くなってしまう結果、多くの会社にとって顧問活用の費用対効果が著しく悪い状態が常習化しております。

そこで、今回、これまで顧問紹介の業界では絶対にタブーとされてきた顧問紹介会社が得る手数料を明確化し、企業から徴収する顧問料の“最大70%”を担当する顧問に支払うスキームで新たにサービス提供を行います。

これにより、従来の顧問紹介会社に相談する大きな足枷となっていた顧問料の適正化を推進するとともに、顧問紹介会社得る手数料を業界で初めて明確化することで、顧問のやる気を高めるだけでなく、顧問先の企業に対する関与度合を高め、「顧問のチカラ」を活用した費用対効果が圧倒的に高い経営サポートを実現します。

■KENJINSを活用する5つのメリット【企業サイド】
【メリット1】“適正価格”での顧問契約を可能に。業界唯一の独自サービス!
経営課題を解決したいが予算が少ないスタートアップのベンチャー企業や中小企業向けのサポート業務に特化。営業コストの削減等の企業努力により、“適正価格”での顧問契約を実現しました。

【メリット2】当社の紹介手数料を明確化。”顧問料の70%“を顧問へお支払い。
多くの顧問紹介会社は、企業から月額35万円の費用を徴収しているにも関わらず、顧問には10万円の報酬しか支払っておりません。そのため、企業からは費用対効果を求められる割に受取報酬が少ないため、やる気や関与度合いを低下させています。だから、当社では”顧問料の最大70%“を顧問へお支払いします。

【メリット3】直接契約も可能。複数のプランから契約形態を選択することが可能。
通常、顧問紹介会社を活用する場合、月額顧問料をベースとする契約形態がしかプランがありません。しかし、企業からは顧問と直接契約をしたいという要望も多数あるため、業界で初めて代理契約プラン、直接契約プラン、プロジェクト請負プランから、自社に最適なプランを選べる様にしました。

【メリット4】上場企業の経験者だけでなく、幅広い業界・職種の顧問を探せる。
顧問紹介の業界で唯一、登録顧問のプロフィールがインターネット上で閲覧可能です。登録者の顔ぶれとしては大手上場企業の役員クラスだけでなく、ハイレベルな実務を支援可能な若手の専門家も多数登録しているので、中小・ベンチャーの課題解決にマッチした顧問を探すことが可能です。

【メリット5】業界初!自社で顧問の求人掲載が可能。悩みや相談の投稿ができ、回答が貰える機能も搭載。
ビジネス上の経営課題や顧問へお願いしたい事柄を案件として掲載することが可能です。また、登録顧問に無料で経営相談ができるFAQシステムを独自に構築していますので、気軽に質問事項を投稿することが可能です。

■顧問紹介の選べる新プランが登場
①代理契約プラン
②直接契約プラン
③プロジェクト請負プラン
※各プランの利用にはKENJINS会員制プログラムへの加入が必須となります。

■KENJINS会員制プログラムの概要
・初期費用(税抜):100,000円→50,000円
・月額費用(税抜): 30,000円→15,000円
※会員制プログラムの契約期間は1年契約となります。

【会員制プログラムに含まれる内容】
◆顧問紹介、会員企業同士のビジネスマッチング
◆会員企業限定の交流会、講演会、セミナーなど
※特定の顧問を活用する場合には、別途、契約内容に応じて顧問料が発生します。

【会員制プログラム等の詳細について】
企業向け
http://kenjins.jp/contents/reward.html
顧問向け
http://kenjins.jp/lp/adviser/

【ビジョン】
プライドワークスは、中小・ベンチャー企業の経営者やビジネスマンなどが抱える様々な課題を解決するために、革新的なスタイルの人材育成会社として、社内外の講師や顧問、コンサルタント、特定分野の専門家、著者などとプロダクション型の立ち位置で戦略的な提携関係を組み、“優れた人物たちが集まる場所”、“有志の集合場所“として、「一流のシニアブレインたちが集う”梁山泊“」を目指しています。

今後も成長意欲が高く、志のあるベンチャー企業やビジネスマンに対し、指導者として相応しい“知力”を携えた「シニアブレイン」と共に、オンラインとオフラインを融合させた革新的な教育プラットフォームを提供することで、これからの日本を支える優秀な人材を育成することをミッションに掲げ、社会貢献企業として企業価値を向上させて参ります。

【会社概要】
会社名:プライドワークス株式会社
設立:2014年8月1日
資本金:10,000,000円
代表者:代表取締役 本田 季伸
所在地:東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH5階
URL:http://prideworks.co.jp/

【事業内容】
・日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」の企画・運営
URL:http://kenjins.jp/
・業界初の教育プラットフォーム「シニアブレインアカデミー」の企画・運営
URL:http://seniorbrain.academy
・ビジネスセミナー、スクール、講演会の企画、プロデュース業務
・教育コンテンツの教材開発、動画制作のコンサルティング業務
・講師、顧問、コンサルタント、専門家向けエージェント業務
・会員制顧問紹介、ビジネスマッチング業務

【本件に関するお問合せ先】
プライドワークス株式会社
担当者:本田
電話:03-3565-6511
問い合わせ:http://prideworks.co.jp/inquire

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

中国進出のメリットと中国進出で成功する秘訣とは?

世界最大の人口を誇る中国は、直近5年間の1年あたりの経済成長率で各国が伸び悩む中、13.2%と圧倒的な伸びをみせています。一時の勢いは衰えたとはいえアメリカについで世界第2位のGDPを誇っています。近年、日本国内の消費が頭打ちになり、隣国である中国市場への進出を考える企業は多いは...[続きを読む]

顧問活用のメリットと社員雇用やコンサルティング会社活用との違い

■顧問と他のサービスの比較から見る顧問活用の有用性とは? 自社が持っている課題を解決する手段として、何が有効なのかを考える方は多いでしょう。外部視点を取り入れるには、顧問の活用だけでなく、コンサルティング会社への依頼やプロフェッショナル人材の社員雇用などさまざまな方法があり...[続きを読む]

販路開拓・販売チャネル開拓が重要な理由とは?

スタートアップやベンチャー企業、中小企業の経営戦略にとって重要なポイントのひとつに、販路開拓を強化することがあります。しかしながら、特に中小企業や事業を立ち上げたばかりのベンチャービジネスの経営者の中には、どうやって営業活動を行ったり、新規販路を開拓したら良いか分からないという方...[続きを読む]

動画マーケティングに取り組むべき理由とは?

動画を活用した「動画マーケティング」が注目されていますが、実際に動画コンテンツを制作して動画マーケティングに取り組む企業はまだまだ少ない状況です。今回は、動画広告市場の規模動画マーケティングの課題や事例、メリットなど、動画マーケティングを成功させる方法を解説します。 ■動画...[続きを読む]

あらゆる企業経営者が直面する事業承継の課題とは?

事業承継とは、会社の事業を後継者に引き継ぐことですが、中小企業においては経営者の後継者不足や高齢化などにより、それが進んでいないのが実情です。国の経済を支える中小企業を存続させ、さらに発展させていくためにも、経営者には事業承継の意義やその仕組みへの理解、また、より早い段階で対策を...[続きを読む]