現状打破のために再構築する考えを持っていますか?

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: 運営会社社長   パーマリンク

こんにちは、本田季伸です。

「物事をやり遂げるには、物事を続ける能力と同時に、
物事を初めからやり直す能力が必要とされる。」

アメリカの小説家<スコット・フィッツジェラルド>

従来の方法では進歩が停滞してきた時には、これまでに
取り組んできた過程を一旦「リセット」し、再構築する
ことです。

なぜなら、今までは成功した手法がであったとしても、
競合の出現や市場の変化に伴い、見直しを行わなければ、
もはや通用しなくなる場合があるからです。

せっかく築き上げた物を「再構築」するには、痛みが
伴いますが、更なる成長を遂げるためには、必要不可欠
なことなのです。

現状打破のために再構築する考えを持っていますか?

現代に生きる賢人たちの持つ知恵、経験、人脈を活用し、
「限界突破」を可能にする、業界唯一の顧問依頼サイト。
顧問の力でブレイクスルーを起こす「KENJINS」登場!
http://kenjins.jp/

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家。著者。人脈コネクター。 大学卒業後、日本食研株式会社を経て、25歳で起業。複数のITベンチャーを創業する。1997年に新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2012年に「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を出版。後に3部作となり累計販売部数は、75000部を超える。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

いかなる状況の中でも、創造的思考力を発揮してますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「熟練した船長は、暴風雨にあえば、いたずらに暴力に 抵抗する愚はしないが、しかもまた、いたずらに絶望して 波風のほんろうに船を委せはしない。 つねに、確固たる自信と成算をもって、最後の瞬間まで 全知全能をつく...[続きを読む]

力はあるが今本当に困っている人を助けてあげてますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「多くの人を救うより、ひとりのために全身全霊を 捧げる人の方が気高い。」 <ダグ・ハマーショルド> 真のビジネスを作るには、目の前で困っているような 人を見捨てることなく、出来る範囲で手を差し伸べて上げて...[続きを読む]

日頃から実現させたいと願うことを意識していますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「あなたは、どうやって重力の法則を発見したのでしょうか? 年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。」 自然哲学者<アイザック・ニュートン> 特定の物事の問題を解決する「ヒント」を得たいと思うなら、 ...[続きを読む]

自然の法則を知り、今できる最善のことをしていますか?

本日の「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を贈ります。 「1つのドアが閉まれば、もう1つのドアが必ず開きます。 それはバランスをとるための、自然の法則なのだ。」 〈ブライアン・アダムス〉 自分の人生を精神的も、物質的にも向上させるためには、 「自然の法則」を正...[続きを読む]

当事者意識を高める、効果的な質問をしていますか?

こんにちは、本田季伸です。 「正しい解答が得たければ、正しい質問をすれば いいのである。」 アメリカのコラムニスト<スタンリー・ビング> 適切な回答を期待するなら、答える側の立場に立ち、 質問の内容を真剣に考えることです。 なぜなら、質問の意図を誰が読...[続きを読む]