対象すべてカテゴリ海外ビジネス

越境EC立ち上げコンサルティング・実行サポート

越境ECによる海外インターネット販路開拓支援サービス

■越境ECとは?
越境ECとは、国境を越えて通信販売を行うオンラインショップのことです。近年有望なビジネス形態として日本でも注目を集めていますが、そのきっかけは訪日中国人客による爆買い現象でした。来日した観光客が日本のネットショッピングやサービスを利用したことで、帰国後もリピート買いや知人友人への口コミが派生し続けるなど、越境ECの大きな可能性が生まれたのです。世界的にみても越境EC市場は拡大しているため、海外にネットショップを新規出店すれば、EC事業の売上拡大につなげることが可能です。

■越境ECの市場規模
近年はインターネットショッピングの利用が世界中で増加し、国内にいながら海外の商品を購入することも可能になりました。年々拡大している越境ECの市場規模についてご紹介します。

■日本・米国・中国の3カ国間における越境電子商取引の市場規模
経済産業省の調査によれば、平成29年度の日本の消費者による米国・中国事業者からの越境EC購入額は2,570億円で、前年比7.3%増となっています。一方、米国の消費者による日本・中国事業者からの越境EC購入額は12,070億円で、前年比15.9%増。中国の消費者による日本・米国事業者からの越境EC購入額は27,556億円で、前年比26.8%増という結果です。

■ECの需要は確実に増加している
日本が越境ECに関する調査を行っているのは、日本・米国・中国の3カ国のみです(平成30年現在)。欧米では、和服などの日本ならではの民芸品の人気が高い傾向にあり、中国では日本の家電製品や衛生用品がよく購入されています。

また、タイやインドネシア、台湾などでは、「クールジャパン」と呼ばれるサブカルチャーや、自国にはない高品質の日本製商品を中心に越境ECのニーズが高まっています。例えば、台湾では日本の医薬品、タイでは日本メーカーの化粧品が多く購入されています。日本製の家電製品、お菓子、衣類などもさまざまな国で人気があり、今後は日本・米国・中国以外の国々でも越境ECの需要の増加が予想されています。

■越境ECのメリット
国内消費が鈍化して閉塞感が拭いきれない昨今は、越境ECが非常に魅力的な市場に映りますが、越境ECにもメリット・デメリットの両面があります。越境ECの主なメリットとしては、次のような点が挙げられます。

□越境ECは商圏が絞られない。新規顧客獲得による売上拡大が見込める。
□現地で実店舗を経営するよりもECサイトを運営する方がハードルは低い。
□海外企業でも参入しやすい環境やサービスが整ってきている。
□英語で対応することで様々な国との売買が対応可能になる。

近年は参入の手軽さもアップし、日本国内向けの自社ECサイトがあれば簡単に越境ECが始められるサービスを提供する業者が増えたため、幅広い選択肢から参入方法を決定することが可能です。
また、アジア市場において日本製品の品質が一目置かれていることや、中国との物理的な距離の近さも、越境EC市場では有効に働く要素だと言えます。

日本企業が中国越境ECをはじめる場合、中国での自社サイト運用はハードルが高いことから、中国現地の会社が運用する人気の越境ECサイトを通して出店・出品するのが一般的です。中国越境ECサイトに進出する場合、自社商品の種類やターゲットユーザーに応じて、最適な越境ECサイトを選ぶことが重要です。

■中国越境ECサイトのシェア
iiMedia Researchによる2017年上半期 中国越境ECモールのシェアの結果によると、ランキング上位は次の結果となっていました。

第1位 網易考拉海購(Kaola.com)……24%
第2位 天猫国際(Tmall Global)……20%
第3位 唯品国際(global.vip.com)……16%
第4位 京東全球購(JD Worldwide)……13%

いずれも一度は目や耳にしたことのある中国越境ECサイトではないでしょうか。数年前までは天猫国際と京東全球購が中国越境ECサイトのシェア1、2位を独占していたイメージがありますが、近年は網易考拉海購(Kaola.com)や唯品国際(global.vip.com)がどんどん力をつけてきています。

■中国への越境ECを検討中の企業によくある課題

□経営層から中国EC参入を検討指示があるが、詳しい人材がいない。
□中国消費者に確実かつ期日通りに届ける配送体制がない。
□中国語でのEC運営に必要なページ制作や顧客対応などの人員を用意できない。
□中国消費者との「チャット接客」や返品対応等できる体制を持っていない。

■KENJINSの越境ECコンサルティング
日本のEC事業者にとって中国越境ECは好機である一方で、ビジネス上の課題やリスクもあります。中国のECやマーケット事情に精通すると同時に、現地の言語・通貨・税制・決済手段への対応を含め、ECサイトの利便性を向上させる必要があります。

KENJINSでは、中国越境ECに精通した顧問コンサルタントとともに、を提供しております。私たちは海外事業展開や海外営業、海外輸出の経験方法なエキスパートが多数おります。また、Eコマースやオムニチャネルの運用・コンサルティングにおいて豊富な実績を持つだけでなく、越境ECに必要な機能を網羅したクラウドシステムの開発・導入も手掛けております。また、常に現地に足を運び、専門家や企業、消費者から最新の情報を直に入手しているため、中国越境ECに関する最新事情やノウハウに精通していることも大きな強みです。


KENJINSログイン

KENJINS新規登録