対象会社の方のみカテゴリマーケティング支援

PR顧問による戦略的広報コンサルティング

マスコミへの人脈コネクションを持つ広報のプロがPR活動を実行支援

■広報PRの仕事内容

広報・PRは、提供するプロダクトやサービスを世の中の人に広く知ってもらい、その需要を掘り起こすために重要な宣伝活動の一つです。スタートアップの企業では専任の広報担当・PR担当を置くケースも多く、宣伝活動における広報PRへのニーズは高まっています。

一方で、広報PR担当になった方は、PRが幅広い活動かつ未経験のため困ることも多く、誰にコンサルティングを依頼してよいのかよくわからないという悩みが多いようです。そこで、弊社も含めて広報PRのコンサルティングは、何を提供してもらえるのか?

コミュニケーションのプロであるPR顧問は、特定の会社のサービスを通じて企業や顧客だけでなく、社会に役立つ情報の開発や発信、タイミングに関するアイデアを提供する役割を担います。PR顧問は、マスコミに対して様々な人脈ネットワークや繋がりを持っていますから、クライアント企業にとって最適なメディア露出の方法を提案することが可能です。

知識・経験・人脈を武器に、クライアント企業の業界やサービスによって、どのようにPR・広報活動を行うことが最良なのか提案をします。そして、オリジナルのプレスリリースのネタを企画の立案も行います。

ただし、一方的に情報を発信することが役割とするのではなく、現在の世の中の動向がどのようになっているかを調査し、分析していく能力も必要とされます。そして、マスコミがどのような企画を持っているのか、ということについても情報収集します。それをまた分析し、適切なPRマーケティング戦略を作り上げていきます。

■広報PRはプロに依頼し内製化する時代

これからの時代、スタートアップに限らずプロダクトやサービスを売り出すときには「広報・PR」は欠かせません。PR会社にアウトソーシングをしてメディア露出(テレビ・新聞・ネット)することも手段の一つですが、これからは広報PRを内製化することが重要です。

その上で、広報PR顧問が、クライアント企業から期待されることは、「メディアとの人脈構築」です。しかし、テレビのディレクターや新聞記者、ネットニュースのライターなどのメディア側の人と出会うことは容易にはできません。また、メディア側の人と何をどのようにしてやりとりをすればよいのかも悩むところです。

メディア側への情報提供の方法や良好な関係を築くための方法などアドバイスしています。「メディアリレーションズ」という活動です。メディアの方とよい関係構築をするには、コンタクトを取る機会を増やしていくことが重要ですので、継続的な情報発信ができるようになるとメディアから注目される会社になれます。

■PR顧問・コンサルタントのミッション

(1)クライアントとマスコミと良好な関係性を築く
PR・広報活動はマスコミとの関係性が大切ですから、その折衝業務も担当します。人間関係において相互理解が必要であるように、企業にとってもそれは必要です。消費者に自社について、商品について理解してもらい、信頼を得ることは、PR・広報活動において非常に重要な役割です。

広報活動であるPRは、 一方的なものではなく、求める相手との間に双方向的な関係性を築くことが目的です。PR顧問はそのための サポートを行い、戦略を作るプロフェッショナルです。

(2)広告代理店とは違う!広報のプロフェッショナル
PR顧問は専門知識やノウハウなどを商品としていますが、広告代理店と同じようなものであるとも捉えられがちです。メディアを使った広報活動として第一に考えられるものは広告です。

広告代理店は文字通り、広告主とメディアを結ぶ役割を担っています。広告枠の取引の仲立ちだけでなく、制作会社への指示も行います。大手総合広告代理店は制作部門も持っており、一貫して依頼作業を行う場合もあります。広告における広告代理店の役割は非常に大きいものです。

ですが、広告は企業の主観的な情報を一方的に発信するにすぎません。PR・広報活動では、相手方がどう理解して評価しているかを知ることも大事です。

(3)ブランディングとマーケティングの双方の架け橋となるのもPR顧問の役目
一方的な広報にならないよう、PR会社のサポート、フォローがあれば、広告もより効果的になるでしょう。広告代理店は広告のプロフェッショナルであり、広報のプロフェッショナルではありません。

一般大衆、消費者、従業員、個人投資家や株主といった個人や取引先、各関連団体、世論、そして「社会」まで、企業を取り巻く環境は広範囲に及びます。

当然それぞれとの関係性を好ましいものにするための方法も様々です。広告はあくまで広報・PR活動のひとつの手段にすぎません。より効果的で的確な広報活動を行うためにPR会社の、いわば一級建築士としてのコンサルタント能力や、広報のプロとしての問題解決力が役立つと言えるでしょう。

■PR・広報担当者の担う役割

かつてはマスメディアに情報を発信すれば、関連する会社や消費者たちに情報が伝わると考えられていた時代もあり、「広報活動とはメディアの記者や編集者と仲良くなって、自社の情報を紙面に載せてもらうことだ」と思われていました。しかし現代ではそれらの活動は「PR・広報」が持つ役割の一部に過ぎません。

PR・広報を大きく分けると、以下4つの役割がありますので、実際に見ていきましょう。

(1)社外情報の収集

企業のどの部門でも社外の情報を知る事は非常に重要なことで、営業やマーケティングといった部署では顧客・消費者の意見や声を知ることが業務上必要不可欠であり、財務部門であれば株主・投資家の声を聴くことが重要な仕事です。

(2)社外情報の社内への伝達

PR担当者は、社外から得た情報のうち重要だと思うものについては経営層などに伝達しなければなりませんが、特に緊急と判断できる情報についてはトップへ迅速に伝えなければなりません。
このようにPR担当者が経営層から信頼されるには社内へ正確に、速やかに伝えなければなりません。

(3)社内情報の収集

PR担当者の役割の一つには、社内情報の収集も含まれます。

現在、自社が企業としてどの方向を目指しているのか、トップは何を考えているのか、各部門は何に取り組んでいるのか、社員たちはどんな活動に力を入れているのかなど、クライアント社内のあらゆる情報に通じていなければなりません。

そうした情報の中にはマスコミに発信すると飛びつく情報もあるかもしれません。PR担当としては、経営陣との親密な関係を築き、常に会社の重要な情報を耳に入れておくことが望ましいのです。

各部門から情報が集まるようにするには、管理者に「PR担当者に情報を提供しておけば、部にプラスになる広報活動をやってくれる」と思わせること、つまりクライアント社内からも信頼を得ることです。その第一歩は「経営陣への情報提供」です。情報は黙って待っていても入るものはなく、経営陣が欲しがっている情報を提供してはじめて、先方もPR担当者に情報を提供してくれる「ギブアンドテイク」の姿勢が重要なのです。

(4)社内情報の社外への発信

PR担当者にとって、いわゆるパブリシティ活動、マスコミへの情報発信が広報の主要な活動でありましたが、インターネットの発達によってウェブサイトでのステークホルダー(顧客や消費者、投資家など)との直接的なコミュニケーションが可能になったこともあり、若干ウェイトが減ってきた印象もあります。

社外への情報発信で最も重要なことは、「自社目線で発信するのではなく、あくまでも相手のニーズに合わせて発信する」という点です。自分たちの発信したい情報でも、メディア側が興味を持たなければ取り上げてくれません。記者の興味はその背後にいる読者や視聴者たちの興味でもあるので、PR担当者は常に世の中の人々の興味・関心がどこにあるのか探っておかなければなりません。

■社内広報・PRとしてサポート

一般的に、PR会社が最もその役割を求められるのは、メディアとのリレーション、メディアへの発信力です。例えば画期的な新商品が発表される時には、PR会社は各種メディアの記者や編集者たちに対して、「これまでに例が無い画期的な新商品が出たので、ニュース(新聞)でも取り上げてください。この商品に用いられているのは日本初の技術です。」といった連絡をします。

メディアや報道機関の記者・編集者たちは「これは読者(視聴者)も知りたい情報だな」と思った場合には、取材をしてメディアに取り上げてくれることになるのです。

通常の広告と異なるのは、あくまでもメディア側が取材を通して自社の記事内に掲載するため信憑性が高く、さらには広告掲載料金も掛からないということです。ただし、情報が掲載されるかどうかはメディア各社の判断によるため、PR会社はメディアが掲載に値する魅力的な情報であるように伝えなければなりません。

そのため、KENJINSでは、広報PR活動のプロがPRコンサルティングを行います。継続的にメディア露出するためのPR企画やプレスリリースの添削、メディアとの人脈を構築するメディアリレーションズの方法など広報PR業務に必要なすべてをアドバイスいたします。また、売上の上がる広報PRを実施するためにWebマーケティングとの連携方法などもアドバイスしています。

■KENJINSのPRコンサルティングサービス
顧問料:10万円/月~(税別)
契約期間:3ヶ月〜

【含まれる内容】
PR戦略立案、PR企画立案、メディア分析、プレスリリース添削、チャット、電話、Skype等での相談

メディア露出を獲得するため、月1回以上プレスリリースや企画書を作成します。プレスリリースの作成を弊社で0から作成することも可能です。プロのライターが作成することでより客観的で取り上げられやすいプレスリリースを作成することができます。

■広報PR活動委託サービス
継続的にメディア露出するためにPR活動のすべてを当社が代行して行うサービスです。PRの戦略・企画立案からプレスリリース作成、メディアへの売り込み(メディアプロモート)、メディア対応(広報事務局)まで、広報PR活動に必要なすべての活動を当社が行います。

顧問料:25万円/月〜(税別)
契約期間:3ヶ月〜

【含まれる内容】
PR戦略立案、PR企画立案、メディア分析、プレスリリース作成、メディアプロモート、広報事務局、Webプレスルーム、簡易クリッピング、チャット、電話、Skype等での相談


KENJINSログイン

KENJINS新規登録