対象会社の方のみカテゴリ営業支援

地方メーカーの”東京進出”を人脈豊富な大企業OBが支援

地方メーカーの販路開拓をサポートすることで地方創生に貢献!

【東京進出支援サービスを開始した経緯】

◆地方のメーカーにとって、東京進出が欠かせない時代背景
1、景況悪化により過疎化が進み、地方の人口自体が急速に少なくなっている。
2、小売店では特に大手企業の地方参入により、競争が非常に激化している。
3、他拠点との統合、撤退のあおりで、地方拠点での決裁権限が無くなっている。
4、大企業の下請けに長年依存していた影響で、売上収益が年々減少している。
5、優秀な人材の採用が難しく、画期的な商品やサービスが生み出し難い状況。

日本の伝統・文化・食材等を活かし固有の商品やサービスとして花を咲かせることに成功しながらも、東京進出が実現できていない地方メーカーに対し、地方マーケットと比較して市場規模が大きい東京での販路開拓を中心に、大手の量販店や百貨店などの流通チャネルの新規開拓を支援することを目的に、人脈ネットワークを豊富に持つ、顧問のチカラを活用した「東京進出支援」サポート業務を新たにスタートしました。

今回、プライドワークスがサービス展開を開始した「東京進出支援」サービスは、営業マン一人を自社で採用するコストよりも、費用対効果が抜群に高く、短期間で大幅な売上UPを実現できることを最大の特徴としております。

その理由は、東証1部上場企業などの一流企業の元社長や取締役、大手企業の営業部長の経験者など、特定の会社で多くの売上を上げた実績があり、様々な業界で販売チャネルを構築したノウハウや実務経験が豊富で、政財界などに沢山の人脈ネットワークを持っている大企業OBが主体となり、営業顧問として販売チャネル開拓の戦略的な指導を行い、かつ営業・販売活動を全面的に支援する業界初の仕組みを構築しているからになります。

◆東京に販売チャネルや営業拠点が無いことによるデメリット

1、大企業の本社は東京に集中しているため、大口の顧客が獲得できない。
2、東京に営業拠点が無いため、新規の取引先が一向に開拓ができてない。
3、地方からの出張中心のため、きめ細かい顧客開拓やフォローが出来ない。
4、タイムリーに業界のトレンドを把握できないため、積極的な提案営業が難しい。
5、東京に事務所の拠点が無いため、東京にある取引先に不安を与える。

競合他社との違いとしては、大手コンサル会社のように販売戦略のアドバイスや営業手法の助言だけを行って、見込み客の紹介などの実行支援は行わない支援スタイルとは異なり、かつ営業代行会社にありがちな若手営業マンが闇雲にテレアポを行い、役員クラスに会うことすら出来ない会社のサービスとは一線を画しております。

◆ゼロから東京で営業活動を独自に行う場合の様々な参入障壁

1、東京に知り合いがいないため、新規顧客の開拓の足掛かりが無い。
2、若手の営業マンを採用しても、大手企業にアプローチが全く出来ない。
3、販売戦略、営業ノウハウが乏しく、顧客へ売り込み方法が分からない。
4、東京での人材の採用の資金が少なく、人材を育成すること自体も難しい。
5、東京営業所開設のための初期費用や、固定費のコスト負担が大きい。

東京進出支援サービスは、大企業OBを営業顧問として活用することで、従来のルートや自社の営業マンでは、非常に難しい大手企業との社長や役員クラスとの商談機会を実現し、最短で爆発的な売上を達成するための実行型の支援を行い、これらのサポートを抜群のコストパフォーマンスで提供することを最大の売りにしています。

◆東京で販売チャネルや営業拠点持つ7つのメリット

1、大口の取引先を開拓できるため、売上アップに直結する。
2、少ない既存取引先との関係強化にも活用することができる。
3、見込み客に対して、新商品のテストマーケティングができる。
4、東京での販売パートナーの獲得やアプローチが容易になる。
5、休眠顧客の掘り起し、手厚いサポートを提供することができる。
6、営業提案や商談・交渉をアウトソーシングすることができる。
7、大企業OB人材の知識・経験・人脈を活用することができる。

■プライドワークスの東京進出支援サービスの7つの特徴

1、大手企業で培った人脈を活かし、太いコネクションのある企業のキーマンを紹介。
2、有名企業で販路開拓の経験者が知見を活かし、最適な販売戦略・営業方法を指導。
3、銀行、証券、保険などの金融機関のネットワークを活用し、優良顧客の開拓を支援。
4、大手企業で営業の実務経験が20年以上もある業界別のトップセールスマンが集結。
5、営業活動のマネジメント業務を行う、東京営業所長の役割を担う顧問を紹介できる。
6、東京での営業マンの採用から、若手営業担当者の育成などの教育業務をサポート。
7、東京営業所の物件探しから、拠点開設などの面倒な業務をアウトソーシング可能。

【支援対象】
日本の「伝統・文化・食材」などを活かし、オリジナルの商品やサービスとして花を咲かせることに成功しながらも、東京進出には若干二の足を踏んでいる企業を主な支援対象とします。
特に消費財、生産財などの製造メーカーで、唯一無二の商品・サービス提供会社は強力なサポートが可能です。
※販売代理店や自社で開発した商品、サービスでない場合など、独自の審査の上、お断りする場合があります。

【開拓可能先】
百貨店、スーパーマーケット、小売店、ドラッグストア、専門店、バラエティショップ、通販会社などの大手企業

【引き合わせ可能な企業の肩書】
代表取締役、取締役、部長など決定権者及び本部バイヤーなどのキーマン

【料金体系】
①月額顧問料:10万円~(サポート内容、日数、難易度、顧問の人数などにより調整可能です。)
②成果報酬 :売上の20%~(成果報酬は商品ごとの利益率などを鑑み、個別相談となります。)

※当社及び登録顧問が、月額の顧問料を一切貰わなくても営業サポートを行うことができると判断した場合には、月額の顧問料を請求しない“完全成果報酬型のプラン”もあります。

【契約期間】
6ヵ月~(内容、人数によって契約期間の調整及び、顧問の人選なども相談可能です。)


KENJINSログイン

KENJINS新規登録