対象会社の方のみカテゴリ経営改革・改善

社外取締役・社外監査役(独立役員)の紹介

現在、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の選任を求める「コーポレートガバナンス・コード」の運用が本格化しています。2015年(平成27年)6月1日より、コーポレートガバナンス・コードが適用開始となり、一部・二部上場会社には、独立社外取締役を2名以上選任しない場合に、理由説明義務が課されます。

※実施時期は予定(東京証券取引所2015年3月5日資料)
【原則4-8.独立社外取締役の有効な活用】

独立社外取締役は会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に寄与するように役割・責務を果たすべきであり、上場会社はそのような資質を十分に備えた独立社外取締役を少なくとも2名以上選任すべきである。

また、業種・規模・事業特性・機関設計・会社をとりまく環境等を総合的に勘案して、自主的な判断により、少なくとも3分の1以上の独立社外取締役を選任することが必要と考える上場会社は、上記にかかわらず、そのための取組み方針を開示すべきである。

コーポレートガバナンス・コード原案
コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議
平成27年3月5日

現時点では、実施を一律に義務付けるものではありませんが、複数の社外取締役を選任しない場合はその理由の説明を求めています。 そうした流れに対応するために、KENJINSでは企業取締役経験のある人材を社外取締役としてご紹介しております。

しかし、単に社外取締役を置くだけでは問題の解決にはなりません。KENJINSではプロフェッショナルな知見を持った社外取締役の確保があってはじめて、企業を強くすることができビジネスの成長を可能にすると考えています。

社外取締役・社外監査役(独立役員)のご紹介にあたっては、クライアント企業の直面する経営課題をお伺いさせて頂いた上で、企業の長期的価値の向上に貢献する取締役会を実現するためには、どのような能力・経験・行動様式をもった人物がふさわしいのか深くヒアリングさせていただきます。

このヒアリング内容に基づいて"望ましい候補者のプロファイル"を作成し、このプロファイルに適合する候補者を、上場企業の社外取締役経験者および未経験者の中からご紹介します。


具体的な候補者の選定に当たっては、以下の要素を基準としてクライアント企業にふさわしい候補者をご紹介します。

独立性(Independence)
能力・経験(Competency)
行動様式(Behavior)
多様性(Diversity)

KENJINSでは、社外取締役の選任・導入にあたって、下記のほかコーポレートガバナンスに必要な検討事項を踏まえて、企業様に最適な人材をご紹介させて頂きます。

■社外取締役の経歴や専門性で重視するポイント
・社外取締役に対する報酬の水準
・監査役会設置会社・指名委員会等設置会社・監査等委員会設置会社の3つの機関設計の中で、選択するガバナンス体制
・ 独立社外取締役の「独立性」の要件充足基準
・マザーズ、JASDAQ上場企業の社外取締役へのニーズ

■KENJINSの特徴

KENJINSは、大手上場企業の経営幹部やマネジメント・経営管理の人材3000名以上にご登録を頂いております。特徴としては海外での勤務経験者が多く海外進出支援を得意としております。また、顧問の人脈を活用した大手企業のアライアンス支援や中小・ベンチャー企業の営業支援に強みを持つ、日本最大級の顧問契約マッチングサイトです。

銀行や証券会社など金融機関や大手コンサルティングファーム、企業の経営企画や財務、海外勤務などの職務経験を持つ数多くの登録者から、経営課題や御社の企業風土、求職者の志向まで複数の要因を考慮して選定しますので、クライアント企業のニーズにマッチした人材紹介が可能です。

旧来のように社外取締役が、いわば形式的に設置されていた時に比べて、今では業種や企業の規模、成長過程に合わせた人材を適切に選択する必要があります。また、そのような中で、特定の人材に就任要請が集中しているのが現状です。

KENJINSでは、これまで経営幹部人材からスペシャリスト人材までのネットワークを構築してきた経緯から、それぞれの企業に最適な人材を探索、打診することが可能です。各業界の第一線で活躍された人材へアプローチし、社外取締役を迎える企業に対しても、環境整備に関するアドバイスや他社の事例を踏まえたノウハウの提供を行います。

人材紹介サービスは成功報酬型ですので、入社決定するまで一切の費用はかかりません。
また、ご紹介した方が御社に定着しなかった場合、規定金額の返金制度もございます。
紹介業務上知り得た御社の機密情報は、候補者の選定以外の目的では一切使用いたしません。
ご安心してお問い合わせください。

人材紹介会社を使う主なメリット

◆公募できない求人(極秘に進めたいポジションの採用)に対応できます。
◆採用にかかる媒体費用や、大量の書類審査・スケジュール調整・条件交渉など、様々な手間を削減します。
◆結果、採用コストの低減につながっている企業様がほとんどです。
◆コンサルタントが御社担当として、ご依頼から採用まで即戦力採用をトータルにサポートいたします。

【社外取締役候補者の一例】
様々なご経験を持った社外取締役候補者の一例をご紹介いたします。

■大手家電製造業での代表取締役社長の経験者
海外営業を経て、欧州販売会社の代表を歴任。その後、本社の代表取締役社長に就任。退任後は、上場企業での非常勤監査役を務める。

■大手銀行での取締役経験者
アジアを中心とした海外の支店長を経て、取締役に就任。その後、大手製造業のCFOを歴任。

■総合商社での代表取締役副社長経験者
食品部門担当の専務取締役を経て、代表取締役副社長に就任。財界の会合における委員長、上場企業の監査役や取締役も複数経験。

■グローバルIT企業での常務取締役経験者
常務取締役を退任後、サービス企業の取締役会長を歴任。

■大手弁護士事務所での経験者
企業法務専門の弁護士として、事業承継・M&A、人事分野(労使間交渉など)・コンプライアンス案件を多数手がける。

※社外取締役の他にも、顧問、監査役(常勤・非常勤)、専任技術者、有資格者の紹介が可能です。

【社外取締役(独立役員)紹介サービスの流れ】
◆希望人材のヒアリング
貴社よりコーポレートガバナンス体制構築にあたっての基本方針や、独立役員として希望する人材像をお伺いします。

◆候補者の選定
当社の人材バンクから独立役員の候補者をご紹介いたします。

◆面接(通常1~2回)
当該候補者の招聘につき同意をいただけましたら、面談をセッティングいたします。

◆独立社外役員の選任
複数回の面談を通して独立社外役員への選任を決定された場合、当社より当該候補者に内定通知を行います。

◆株主総会にて就任
当社の手数料は、成約した案件毎の成功報酬形式となります。


KENJINSログイン

KENJINS新規登録