「知見シニア」というもの

カテゴリコラム 顧問森田英一(57歳/神奈川県鎌倉市/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「知っている」と「いま使えるもの」が日本を救う

私は今、鎌倉のちょっとした田舎に住んでいます。とても静でのんびりしたいい所です。

秋には近隣の方から柚子をたくさん頂きますし、近所の犬やネコの名前も知っていますし、どこに一人暮らしのお年寄りがいるかも、とても小さな範囲ですが知っています。

私はこの「知っている」ということは極めて重要なことだと思っています。反対に「知らない」ということは、助け合いを阻害し犯罪や事件を引き起こす犯人だと思っています。

では「知っている(みんなが見守る助けあう)」を広めるためには、何か必要でしょうか。

これは簡単そうでとても難しいことだと認識しています。「一体誰が何をどうすればいいのか。その資金は」という大きな壁にぶち当たります。

私は、まず、その地域に住んでいる大企業などで活躍され数々のビジネスを「知っているシニアの方々(知見シニア)」を組織化し、地元の中小企業をサポートしながら地域経済を活性化して行くことがその解決策の一つだと思っています。

知見シニアは「その地域の隠れた経営コンサルタントだ」と言ってもいいでしょう。知見シニアの方々にとってもこれまでの経験が地元中小企業に役立つことはとても嬉しいことであり、町を歩いていて挨拶される回数も増え「先生」と呼ばれることも大きなモチベーションになるでしょう。

「少子高齢化」は、統計という数字ですから変えることはできません。このままでは社会福祉制度は崩壊します。唯一の解決策は「次代を担う若者」が積極的に社会に関わっていく(受け身ではなく自発的に仕事をする)ことかと思っています。

そのためには「いま使えるもの」を最大限、思いっ切り活用して、若者に夢と希望を与える経済環境をつくり出すのです。私も「いま使えるもの」の一つとなれば本望なのです。

顧問情報

森田英一(57歳/神奈川県鎌倉市/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

マーケティング戦略家、森田英一 私はこれまでの20数年、マーケティングとコミュニケーションに特化し実績をあげてきたマーコムのスペシャリストです。移動体通信という新規事業立ち上げ時にそれらすべてを実践し、結果を出すことで実証することもできました。 マーケティングとは「お客様(マーケット)のことを最大限思いやること」を原点に「正しい方向へ絞り込むこと」であり、私の各種受賞歴もそれへの評価だと考えています。 経営の根幹である「マー...
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア

最近登録された顧問のプロフィール

  • 竹内裕喜

    竹内裕喜
    顧問契約セミナー講演
    (54歳/IT・通信・インターネット)

    AI,Robotics,Drone,機械学習、DeepLearning技術顧問
  • 丸尾聰

    丸尾聰
    顧問契約セミナー講演
    (58歳/メーカー(電気・電子・機械・輸送機器))

    埋もれた資産を見える化し、行動に基づく思考をし、自信のある組織にして、利益を生む
  • 宮本敏和

    宮本敏和
    顧問契約セミナー講演
    (45歳/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

    戦略的法務の実行
すべてみる