経営というもの

カテゴリコラム 顧問森田英一(57歳/神奈川県鎌倉市/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)
このエントリーをはてなブックマークに追加

-マーケティングの投資と配分-

もっと出来るはずだ!
経営というものを一行でこう表現する方がいらっしゃるようです。

この場合の「マーケティング」は、「企業の持つ資産(ヒト・モノ・カネ)」を意味して いるように思えます。「資産の投資と配分の最適化」は、なんと言っても企業経営の基本中の基本です。

ただ、これだけではマーケットという視点がないため、お役所仕事に近くなる恐れがあります。

ですから「市場に働きかける」という企業活動を入れると「マーケティング」の意味する もう一つのものは「施策」即ち、企画力・提案力・実行力を試されるものになるかと思えます。「施策の投資と配分の最適化」は、マーケティング戦略を意味し、競争市場において最も重要なことだと言ってもいいでしょう。

では、昨今の不確実性を帯びた市場(さらに荒れ狂う気象環境と金融市場)において、何を優先すべきでしょうか。

私は、まずは焦らず現在の経営状態を見つめ直すことから始めることかと思っています。

それは、「企業のあり方(経費の最適化・組織の再構築・人材の活性化)」を問いなおすことであり、そのプロセスで、「ビジネスのやり方(最適なマーケティングの戦略的組み立て)」を導き出すことではないかと考えております。

そして、それは、高品質・顧客第一主義をコンセプトとして強く意識した高いモチベーションを持つ人材によって運営され、自然と成長して行く企業体(生命体)になることを意味しています。


では、これを企業ではなく生命体である自分におきかえてはどうなるでしょうか?


私は不幸にも、「マーケティング=こだわり」と解釈してしまいました。自分に利益をもたらせない『こだわりへの投資と配分』です。良いように言えば自己犠牲です。だからこそ、回りに利益をもたらすのだと思っています。

顧問情報

森田英一(57歳/神奈川県鎌倉市/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

マーケティング戦略家、森田英一 私はこれまでの20数年、マーケティングとコミュニケーションに特化し実績をあげてきたマーコムのスペシャリストです。移動体通信という新規事業立ち上げ時にそれらすべてを実践し、結果を出すことで実証することもできました。 マーケティングとは「お客様(マーケット)のことを最大限思いやること」を原点に「正しい方向へ絞り込むこと」であり、私の各種受賞歴もそれへの評価だと考えています。 経営の根幹である「マー...
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア

最近登録された顧問のプロフィール

  • 竹内裕喜

    竹内裕喜
    顧問契約セミナー講演
    (54歳/IT・通信・インターネット)

    AI,Robotics,Drone,機械学習、DeepLearning技術顧問
  • 丸尾聰

    丸尾聰
    顧問契約セミナー講演
    (58歳/メーカー(電気・電子・機械・輸送機器))

    埋もれた資産を見える化し、行動に基づく思考をし、自信のある組織にして、利益を生む
  • 宮本敏和

    宮本敏和
    顧問契約セミナー講演
    (45歳/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

    戦略的法務の実行
すべてみる