プレミアム企業 営業支援会計・税務・資金調達報酬区分その他 勤務日数・金額詳細をご確認下さい

コンテンツプロバイダーが営業顧問を募集

今回、コンテンツプロバイダーとして、各種データやリストの販売、調査代行で成長著しいベンチャー企業が営業顧問を募集しております。

【会社概要】
地下鉄のホームに設置されている『乗り換えマップ』や全国5万8,100人の調査スタッフ(地域特派員)から得た
地域情報をデータベースやコンテンツとして、様々な企業様へ提供している会社になります。

【顧問に支援をお願いしたい内容】
今回、顧問の方々にサポートをお願いしたいサービスとしては、全国11187機関(官公庁/自治体/財団)の助成金や補助金情報を検索できるマッチングサービスをご利用頂けるクライアントのご紹介をお願いしたいです。

【助成金活用のニーズ】
・展示会に出展したいので使える助成金があれば使いたい。
・設備を新しくしたいので助成金を活用したい。
・ホームページを作成したいので、助成金を使いたい。
・創業したいので公的助成金や融資などを目一杯活用したい。

このようなニーズに対して、従来の会社に依頼すると、着手金10万前後、成功報酬15%~20%が相場となっており、
申請書類を作成する手間や時間がかなり掛かるため、助成金自体をうまく活用できている会社が少ないのが現状となっています。

そのような中小企業向けの助成金・補助金マッチングサービスになります。

着手金0円で、助成金を活用することで、格安でサービスを活用することができる会社をご紹介するだけでなく、助成金の申請もお手伝いする画期的な仕組みになります。


【顧問のミッション】
・助成金サービスを利用したい会社の紹介
・商談アポイントの設定と初回同行営業
・商談後の商談先へのフォローアップ
※営業提案はクライアント企業の担当者が実施します。


【対象となる法人の規模】
・資本金:1,000万円以上
・従業員数:20人以上の中小企業

【対象となる会社地域】
「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県」

案件情報

報酬について 報酬区分:その他
★月額顧問料:10万円~
※紹介件数等により変動します。
応募資格 ★中小・ベンチャーの経営者に人脈ネットワークのある方
★月間の紹介社数として、2社紹介をコミット頂ける方
契約期間 応相談
勤務条件 業務委託契約
※定期的な出社の必要はありません。
備考 補助金と助成金の違いとは?」です。

■「補助金」と「助成金」の違いとは?
両者に厳密な違いはありませんが、一般的には「補助金」は、経済産業省や中小企業庁等が出している公募型のもので、事業計画を提出し、審査を経て採択されます。通常採択率は、10%~50%が多いようです。認められる経費のうち、使った額の2分の1や3分の2以内が補助されます。また、募集の時期も補助金によって異なっていますが、3月から6月にかけて集中しています。

一方、「助成金」は、厚生労働省系のものが主流となっています。こちらは年間を通じて、募集されており、雇用保険や社会保険の加入等が条件となっています。厚生労働省系ですので、人材育成や雇用促進、各種制度導入等があります。基本的には条件に合致していれば、ほぼすべての企業が助成の対象となります。
勤務地 東京都(詳細は応募後に公開します。)

この企業の会社の顧問案件


日本最大級の顧問契約マッチングサイト運営会社

住所東京都 資本金2,350万円 売上1億円~5億未満 従業員数10~30人未満

同じ地域の会社の企業情報

  • 東京都渋谷区

    [企業名非公開]

    建設・不動産(建設設計・建設コンサルティング)
    資本金40,000万円売上10億円以上従業員数50~100人未満

  • 東京都港区

    情報通信システムの設計、運用、管理業務

    IT・通信・インターネット(アウトソーシング(IT))
    資本金10,000万円売上10億円以上従業員数1,000~3,000人未満

  • 東京都千代田区

    [企業名非公開]

    人材サービス・アウトソーシング
    資本金9,900万円売上10億円以上従業員数300~500人未満


KENJINS顧問ページ

ユーザID

ユーザIDを入力してください。 無効なメールアドレス形式です。

パスワード

パスワードは4文字以上で入力してください。 パスワードは12文字以内で入力してください。 パスワードを入力してください。

パスワードを忘れた場合はこちら