カテゴリ海外ビジネス(アジア進出支援(中国・インド・東南アジア))投稿日6年前

ベトナムに進出にしたいのですが、何から取り組めば良いでしょうか?

システム開発会社を7年経営しているのですが、現在、案件に対し開発を行うエンジニアが不足しております。これまで、日本人に限定しエンジニアを採用してきましたが、優秀な人材を確保するのが難しく、人件費も高いのが課題になっています。

そのため、IT系のオフショア開発の拠点として、ベトナムへの進出を検討しております。

KENJINSの『顧問アカウント』でログインすると、
この経営相談に回答することができます。無料新規登録はこちら

回答

  • 6年前

    この業界はエンジニアが不足してきて人材確保が大変なようですね。海外進出は着眼点として良いと思います。では、なぜベトナムなのでしょうか。人件費ですか、人材の数ですか、質ですか。他の国ではなくなぜベトナムを選んだのかによってやり方が変わってきます。

    参考になった 0
  • 6年前

    早速ですが、現地コンタクト進出形態として、①現地法人を設立する。②現地での外注先のパートナーと組む方法が考えられます。その程度のレベルのITエンジニアが必要なのか、日本からサポートがどの程度できるのかなど、まず、御社側の必要条件、利用可能な人的面を含めた資産、時間的条件などを整理したうえで、それに一番適する方法を検討することからはじめるのが良いかと思います。最近、IT分野だけではなく、ベトナムのエンジニアを活用し、図面作成やベースデザインの設計を依頼するケースが増えております。

    参考になった 0

おすすめ顧問

  • [お名前非公開]

    顧問/コンサルタント,企業研修,講演

    [お名前非公開]

    (登録日:18年10月09日)

    (57歳/東京都中央区/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)
    元私立探偵の知見に基づいたコンサルティングと人材教育を行います
    お気に入り
  • [匿名希望]

    顧問/コンサルタント

    [匿名希望]

    (登録日:18年12月03日)

    (年齢非公開/東京都江戸川区/通訳/翻訳)
    翻訳者、オフショア開発のBridge、Software Engineer、ERP開発者
    お気に入り
  • [匿名希望]

    企業研修

    [匿名希望]

    (登録日:18年10月27日)

    (年齢非公開/神奈川県川崎市/教育)
    大手消費者金融において営業、教育 GEにて更に専門実務を習得 政府関連の団体にてコンプライアンス実務
    お気に入り

KENJINSログイン

KENJINS新規登録