カテゴリマーケティング支援(市場調査・リサーチ)/システム(情報システム化計画の策定・展開の支援)投稿日4年前

従業員20名でアパレル製品を販売しています。

今後、ペット関係の衣料品を開発しネット販売も展開したいと考えています。最近、顧客動向の分析をするのにビッグデータが有効だという話を聞きました。このビッグデータとは、どのようなものか教えてください。中小企業でも上手く活用できるものなのでしょうか?

KENJINSの『顧問アカウント』でログインすると、
この経営相談に回答することができます。無料新規登録はこちら

回答

  • 4年前

    伊藤と申します。
    ビッグデータ活用はヒト+資金が
    若干かかります。

    昨今はやりのビッグデータの活用事例です。

    http://japan.cnet.com/marketers/news/35048807/

    ■SNS
    ■スマホのGPSデータ
    ■ECでの動向
    等の個人情報をマスキングして大きな
    塊として動向分析をする為のデータです。

    そのメリットとしては
    ■顧客の事前動向予想
    ■上記に連動した仕入れ管理
    →例えば「咳とか熱」などのSNSワードが
     増えれば「風邪薬」が売れ始めるとか。
    こんな感じです。

    参考になった 0
  • 2ヶ月前

    結論から言えば、中小企業でも上手く活用することは可能ですし、企業規模に関係なく、目的に沿って活用すれば有効であると考えます。
    ビッグデータは、文字通り、大きな量のデータです。それだけでは、何にも役に立たないデータですが、このデータを様々な手段で、必要な形にする事をビッグデータの活用と言います。現在、あちこちで使われるAIも、その手段のひとつです。ネット販売を手がけたいとの事。大手ネット販売サイトを利用された事があれば、品物を検索すると他の推奨品が表示される事を経験されていると思います。これが活用の一例です。ですので、何でもそうなのですが、何の目的で活用したいのかを一旦お考えいただく事かと。

    参考になった 0

おすすめ顧問


KENJINSログイン

KENJINS新規登録