スティビーアワードでブロンズ賞を獲得!

投稿日: 作成者: KENJINS運営元代表 カテゴリー: プロ活用方法   パーマリンク

メディアに掲載されました。

@PRESS
https://www.atpress.ne.jp/news/135516

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP2017135516.html

産経Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170815/prl1708151002006-n1.htm

楽天インフォシークNEWS
https://news.infoseek.co.jp/article/atpress_135516/?p=3

BIGGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0815/atp_170815_6648901323.html

zakzak夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/170815/prl1708150006-p4.html

entrepedia
http://entrepedia.jp/companies/A-16045/announcements/1480

creww
https://creww.me/ja/startup/prideworks.co.jp/news/3d68ded8-88a1-421a-9688-3d4d0e2bfa9b

本田季伸のプロフィール

KENJINS運営元代表 連続起業家・著者・エンジェル投資家 新卒で日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数のITベンチャーを創業する。 1997年の起業時は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタート。その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。 クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、20件以上の特許を申請し事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。 2014年プライドワークス株式会社を設立。日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」のプラットフォームを武器に、顧問紹介業界で横行している極端な顧問料のピンハネを撲滅を推進し、「顧問料の中間マージンをゼロ」をコンセプトに業界で唯一、適正価格で顧問紹介サービスを提供している。

経営者・採用担当者の皆様へ 日本最大級の顧問契約マッチングサイトのKENJINSでは、年収700万年収1500万クラスのハイクラス人材を、正社員採用よりも低価格で活用可能です。顧問のチカラで圧倒的な成果をコミットします。

この記事にコメントする


この記事の関連記事

KENJINS

プライドワークス、ビジネス領域に特化した経営相談FAQサービスを開始!

2015年05月18日 プライドワークス、ビジネス領域に特化した経営相談FAQサービスを開始! 業界初!大企業OBなどの経営顧問が中小・ベンチャー経営者の悩みを解決 ~ 日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」上で、 “無料”でビジネスの相談ができるFAQ型...[続きを読む]

動画マーケティングに取り組むべき理由とは?

動画を活用した「動画マーケティング」が注目されていますが、実際に動画コンテンツを制作して動画マーケティングに取り組む企業はまだまだ少ない状況です。今回は、動画広告市場の規模動画マーケティングの課題や事例、メリットなど、動画マーケティングを成功させる方法を解説します。 ■動画...[続きを読む]

採用代行・採用アウトソーシングとは?

■RPO(採用代行サービス)とは? ​RPO(Recruitment Process Outsourcing)とは、企業の採用活動を代行する人材サービスのことをいいます。採用活動は「母集団形成→選考→内定」というようなプロセスを踏みますが、ダイレクトリクルーティング代行サービス...[続きを読む]

顧問への単発依頼と顧問契約の違い?顧問契約のメリット?

高齢化社会を迎え、会社で定年となる人が増えてゆく中、近年では「顧問」という新しい働き方に注目が集まっています。大手企業の出身者などが、長年培ってきた知識や経験、技術を見込まれて「わが社の顧問になってほしい」と依頼されることがあります。一般的に企業が顧問やコンサルタントに経営相談す...[続きを読む]

キーマンといかに多く接触することが法人営業の鍵になる訳?

法人営業を成功させるためには、顧客の担当者ではなく、顧客のキーマン(決裁者)へアプローチをすることが重要なポイントです。いくらプロダクトが優れており、積極的な営業活動を行ったとしても、キーマンである決裁者と商談をしないと、決裁の段階で断られてしまうケースは珍しくありません。 ...[続きを読む]