営業支援営業販路拡大の支援,マーケティング支援マーケティング戦略の策定・展開の支援
2年前

関東圏で飲食店チェーンを営んでいます。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、海外から来るお客様を積極的に取り込んでいきたいと思っています。 中でも、イスラム圏のお客様には食事の制限があると聞きました。 食事を提供する際の注意点を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

KENJINSの『顧問アカウント』でログインすると、
この経営相談に回答することができます。無料新規登録はこちら

ログインして回答する

回答の一覧

  • 2年前

    先ずは、初めの一歩的な事項をお教えします。


    ムスリム(イスラム教徒)が信仰上の理由で口にすることのできない代表的なもののひとつが豚です。

    豚肉はもちろん、豚脂(ラード)、粉末あるいは液体スープの豚肉エキス、豚皮由来のゼラチンも禁忌(タブー)です。 豚肉を材料としていないだけでなく、ダシ、油や調味料にも気を配る必要があります。

    また見落とされがちですが、ハム、ベーコンやソーセージも豚由来のものが多くありますので、ご留意ください。


    アルコールも代表的なタブーのひとつです。

    加えて、料理に使用するお酒やみりんなどの調味料を気にする方もいらっしゃいます。

    宿泊施設にある客室の冷蔵庫にアルコール飲料が常備されている場合や、カクテルはお酒と認識しづらいので、工夫を施す気配りが必要でしょう。


    また、宗教上、左より右を優先するという思想があります。

    食事では左利きの人でも右手で食べ物を口に運び、礼拝の所作や衣服の着脱も右手(右足)から行うのが正式とされています。

    尚、左手は不浄な手と考えられています。
    お食事以外の場面でもご注意を !!!



    参考になった 1
    ログインしてコメントする(顧問/会社
  • 2年前

    これはインドネシアの方から聞いた話を基にしています。イスラムの方に向けたすべて対応を出来れば素晴らしいですが、厳格にするのはかなり大変なようです。すぐに取り掛かれることとしては、自社の提供する料理の材料などの情報を公開することでしょう。判断を相手にしてもらうことからはじめたらどうでしょうか。

    参考になった 0
    ログインしてコメントする(顧問/会社
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア
ぺージ一番上へ