マーケティング支援マーケティング戦略の策定・展開の支援,経営改革・改善新規事業企画・立ち上げ
2年前

大手飲食店チェーンで、永年働いてきました(店長経験は、3年間)。

大手飲食店チェーンで、永年働いてきました(店長経験は、3年間)。 独立して飲食店を開業しようと思っています。テナント料の制限により、最寄り駅から10分くらいの立地になってしまいました。そのような店舗であったとしても、お客さまを確保する方法を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

KENJINSの『顧問アカウント』でログインすると、
この経営相談に回答することができます。無料新規登録はこちら

ログインして回答する

回答の一覧

  • 2年前

    独立してお店を始めるのですね。素晴らしいですね。
    すでに場所の選定まで済んでいるようですが、どうしてそこを選んだのでしょう。テナント料という事があるようですが、それ以外の理由もあるでしょう。消極的や消去法での選択理由ではなく、なぜここを選んだのかプラスの理由を書き出してみましょう。その選んだ理由をベースにして、どんなお店にしたいのか、どんなお客様に利用していただきいのかを考えてみましょう。それが見えてくるとどのようなお客様が対象か見えてきて、どんな方法で宣伝したら良いかのアイデアが湧いてきますよ。

    参考になった 0
    ログインしてコメントする(顧問/会社
  • 2年前

    長年のご経験と夢が叶い誠におめでとうございます。
    今はわくわく感とどきどき感が同居されていらっしゃる時期かとお察し致します。

    結論から申して、10分であれば十二分に勝算はございます。

    私の経験から簡潔に下記させて頂きます。

    1.最初はきついですができる限り簡単なオープンご案内チラシ(黄色と黒2色B5程度でもOKです)を作られて近隣の企業様(これだけは直接のご挨拶が効果大です。ご家庭ポスト等々にご挨拶に行かれる事です。
    2.細かな事ですが、最初(初回)は利益をあまり考え過ぎず、味やご主人、店員さん、店舗の雰囲気の良さ(居心地の良さ)を体験させる事す。
    3.サービス券やポイント制を導入し、スマホでの集客やポイントが出来れば良いですが、第一段階ではそこまでも要りません。
    4.まず、親戚、御友人等を導入し、店に人を誘導し、「はやり感」を出来る限りかもし出す事です。
    5.最終兵器は口コミです。それには最低限の良い固定客を早く上手く作ることです。独立店舗の場合「リピート客の多さ」とその客にどれだけの「口コミの波及効果を持たせられるか」で成否が決まります。飛び込みは期待すべきではありません。
    6.初見の顧客には徹底的にヒヤリングしどこのお客か(会社も)聞ければ最高でしょう。
    7.開いている昼の時間にお礼参りもするのです。(多分こんな事をやっている店や企業はありませんので、私の企業秘密です!?)
    8.その時にその会社の重役や社長さんとコネクションをつけるのです。
    9.飲食もサービス業ですが、最終的にはマーケティングが全てです。
    10.どこのどういう客がいつ何をどういう仲間でいくら使ってくれるか?あらゆるデータを取られる努力をされれば必ず成功されます。

    世の中には山奥の店に1~2時間もかけて行ったりする例がありますね。

    正にあれです。10分は全くハンデどころか、駅前でない為、昼ならば駐車場が探し易いとか、その分店内のスペースが広いとか、勿論オーナーに会いたいとかは最高です。店が兎に角雰囲気が良いとか他にいくらでも付加価値が考えられるはずでしょう。

    多少高くても、いつも目玉商品が週代わりであるとか、一品は特に他に負けないメニューがあるとか。

    どうぞ全て前向きにお考えになられて、ご成功をお祈り申し上げます。
    小職も是非近いうちにお邪魔させて頂ければ誠に嬉しく存じます。

    参考になった 1
    • 2年前

      加倉井先生、 極めて緻密で実効性の高い数々の項目を列挙頂き、ありがとうございます。
      あれもこれもと思案してしまいますが、先ずは出来そうなところからしっかりと着実に始めてみたいと思います。 先生のアドバイス、大変心強く感じました。 少し落着いて参りましたら、是非ご招待させて頂きたく存じます。 宜しくお願い致します。

      コメントする

       /1000 回答を入力してください。1000文字以内で入力してください。30文字以上入力してください。
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア
ぺージ一番上へ