経営改革・改善新規事業企画・立ち上げ,会社設立・許認可会社設立・各種法人設立
2年前

近く定年を迎えます。 これを機に自分の好きなことを事業化して起業しようと考えています。

熟年起業に当たっての心構えや、事業化へのおさえるべきポイントなどを教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

KENJINSの『顧問アカウント』でログインすると、
この経営相談に回答することができます。無料新規登録はこちら

ログインして回答する

回答の一覧

  • 2年前

    定年を迎えてから新しいことのチャレンジするなんてすばらしいですね。事業をするに年齢は関係ないと思います。一つだけ考慮するとしたら、万が一うまく進まなかったときに若い人よりやり直すチャンスが少ない可能性がありますので、上手くいかないときでもどこまで続けるかの条件を決めておいた方が良いと思います。
    好きなことをするのは非常に重要ですが、市場がそれを受け入れてくれるかを考えること、もしくはそのような市場を創れるかも事前に考えておいた方が良いですね。

    参考になった 0
    ログインしてコメントする(顧問/会社
  • 2年前

    初めまして、恐らく私も同年代ですのでかなりお気持ちが伝わって参ります。
    但し、起業と一口に申してもかなりハードルが高い事とご家族のご理解は事前にはっきりと取り付けておいたほうが良い事は覚悟されておいた方良いと思います。

    起業関係のノウハウ本はいくつも有りますが、それらに記されていない私の経験から多きなポイントを下記致します。

    1.お好きな事が本当に半年無収入でも続くくらいの覚悟と経済的な余裕が有るか。
    2.オーナーシップについてですが、「100%自分の資本」で(借金は可能な範囲でマックス預金の最大50%までOKでしょうが)できるのか?つまり、他人の資本(実は気の合う友人と思っていた人)と協業して、後でもめるケースは世間でたくさんあるからです。
    3.3年後くらいまでの青写真は必ず必要です。(B/S,P/L)だけの事では有りません。自分が或いは自分の会社がどうなっていたいかのはっきりしたイメージを持ってください。何とか為るだろうという考えは危険です。
    4.もう一度申し上げます。ご自分が如何にして儲けを生み出せるか?それが儲かるビジネスモデルなのか?競合や大手の参入具合は事前に出来るだけ調査して下さい。これには焦りは禁物です。
    5.実際の会社仕立ての方向性は今はネットでお調べになればいくらでも相談できる、それも割安でスピード感を持って会社の立ち上げまで総合的にお手伝いしてくれる企業がありますので、返ってご自分で全て細かな手続きをやろうと考えるより、割安で安心です。
    6.最後に個人的にお勧めな起業方法は、はじめは小さく産んで育てる事です。特に熟年起業家は残された時間が限られていると考え、どうしても焦りが出る余り、資金もいきなり無理して全て投入したり、最初から大きな事務所を借りすぎたり、経費(コスト)をむやみにかける傾向にあり、結局後で痛い目にあわれるケースがたくさんございます。

    もし、更に小職でお役に立てることがあればいつでもご連絡下さい。
    どうぞ、より良い準備を持って、ご成功されます事心よりお祈り申し上げます。かしこ。

    参考になった 1
    コメントする

     /1000 回答を入力してください。1000文字以内で入力してください。30文字以上入力してください。
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア
ぺージ一番上へ