月別アーカイブ: 3月 2013

ブレイクスルー

従来の発想を転換しブレイクスルーを起こしていますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「2%とか5%とかの数字なら、改善で片がつく。 しかし、50%とか3分の1とかという無茶な数字を 実現するには、発想を根本的に変えるしかない。 そこに飛躍が生まれ、出来ない事ができる様になる。」 〈小田全宏〉 特定の商品を開発したが、... [続きを読む]
和合の精神

人との関わり合いを大切にし、未来を創造していますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「一緒にやろうという力がまとまってこないと 物事は前へ進まない。成功の成否は人の和にあり。」 〈藤森正路〉 大きな物事を成功に導くには、人との調合をはかり、 「和合の精神」を持つことです。 なぜなら、自分が行っていることが正しいこ... [続きを読む]
タイミング

成長の兆しを見つけ、適切なタイミングで開始してますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「波渡りと同じく、仕事の上でもタイミングこそ絶対だ。 早すぎてはならず、遅きに失しては無駄になる。」 〈日高輝〉 新規ビジネスを成功させるためには、その分野が成長する 兆しを見つけ、絶好のタイミングでマーケットに参入する ことです。 ... [続きを読む]
手本を示す

自ら率先して手本を示すことで人を動かしてますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「手本を示すのは他人を動かす主要な手段ではない。 それが唯一の手段なのだ。」 〈アルベルト・シュバイツァー〉 メンバーに指示通りに動いて貰いたいと考えるなら、 リーダーが自ら率先して行い「見本」を示すことです。 なぜなら、リーダー... [続きを読む]
自分の力

自分の力を把握し、何をすべきかを考えてますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「チーム一人一人が現状を認識し、このままでは 駄目だ、何かを変えようと切実に思わなければ、 改革は始まらない。」 〈カーリー・フィオリーナ〉 チームに貢献するためには、的確に状況を把握し、 自分に与えられた「役目」を理解することです。... [続きを読む]
ビジョンを掲げる

ビジョンを掲げ、明確な方向性を示していますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「基本理念を維持し、進歩を促すようにしてさえ いれば、必ず時代を越えて一流であり続けられる。」 〈ジェームズ・C・コリンズ〉 チームを効果的に動かすには、リーダーの頭の中 にある考えをまとめ、組織が目指す「方向性」を 明確に示すことで... [続きを読む]
自己変革

行動を変革することで自己変革を起こしていますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「どんな職業であれ、偉大な力を出す人と、 人並み以下の力しか出せない人の差は、 日々自己改革する想像力と熱意をもつか否か で決まる。」 〈トム・ピーターズ〉 自己変革には、意識変革と行動変革がありますが、 本当の意味で意識を変えるに... [続きを読む]
トライする

トライすることで、チャンスを掴み取っていますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「人には何度かチャンスがある。 それに挑戦する人としない人の違いが、幸運の 女神と握手できるかできないかの分かれ目です。」 〈三田勝茂〉 チャンスを呼び込み、機会を逃がさないためには、 普段から実力をつけ、実績を積むことです。 ... [続きを読む]
諦めない

一度や二度の失敗で諦めずに挑戦を続けていますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「なんとしても二階へ上がりたい。 どうしても二階へ上がろう。 この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。 上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、 決してハシゴは生まれない。」 〈松下幸之助〉 新しい発明を生み出す... [続きを読む]
リレーションシップ

リレーションシップを組み、顧客ニーズを掴んでますか?

カテゴリー: 「KENJINS」コラム | コメントをどうぞ
おはようございます。 「新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け。 仕事上の親切というのは、相手を納得させることに尽きる のではないだろうか。」 〈本田宗一郎〉 新しい事業アイデアを創出するには、顧客と一緒になって 考え、商品やサービスの新しい概念を... [続きを読む]