中国進出企業の現地支援

カテゴリ顧問契約 顧問野村康造(58歳/東京都渋谷区/IT・通信・インターネット)
このエントリーをはてなブックマークに追加

某有名IT企業が現地法人を買収したが、実際に運営出来る人才が居ない

(背景)
某有名IT企業が、多額の予算を計上して中国の会社の買収計画(当初現地合弁)をした。
日系銀行を通じて買収に臨み安心していた。
買収(合弁)時には、表面の良い所ばかり見て買収(合弁)後に中国未経験の駐在員を派遣したが、中国と日本の商習慣やビジネスの方法が全く違い、数社買収してそのうち一社は日本本社の業務改善指示に従わないどころか、「日本と中国のやり方は違う、中国には中国のやり方が有る」という理由で、日本本社に対応出来る人才は居なく、若手の営業を送り込むも全てが中国初心者で業務経験も浅く業績も次第に低下していた。現地合弁企業側から大きな不満が出て損害倍書まで話が進展する恐れが出た。
日本国内にいるようなPKG売りが主流であった。
中国に数多く進出した日系製造業や日系流通業が顧客。
顧客からも信頼性が低下するなど買収(合弁)したは良いが当初計画の目標達成には程遠い状態であった。

(実施)
中国に進出した日系製造業・日系流通業の実態は、日本と大きな違いがった。日本側には情報システム部が有り、社内の業務はある程度押さえており問題や課題の改善ツールとしてのシステム化はしやすい状況にあるが、
中国側はどんなに大手や中堅でも名前ばかりの会社が多く、中国の経済発展、人件費高騰で改善ツールのシステム化などが必要である。
そこで、ERPのPKG売りは辞めさせ自ら顧客の現場に足を運び現場の調査など実施した。顧客の要望を満たす提案が出来、段階改善などから無理の無い提案を実施。営業方法やITツールを現場系に変更した。

(結果)
顧客である日系製造業や日系流通業から信頼が得られ、業績も回復して
利益率も向上していった。




顧問情報

野村康造(58歳/東京都渋谷区/IT・通信・インターネット)

中国に進出した製造業・流通業の抱える課題と問題解決、駐在員問題とWEBシステム・EC等の構築 経営コンサルタント系の業務プロセスコンサルタントです。 結果として製造業や流通業等をIT化していき業務の可視化を実現させる領域が得意。 【職務要約】 大学を卒業後、自動車メーカーに進み約12年間勤務。 海外営業部に所属し主に海外工場設立に関係する調査や交渉を経験、その他、マーケット調査等も経験。 日本に帰国後、IT業界に進む。 オープン系システムの基礎を取得する絶好に機会に目恵まれてITの技術を取...
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア

最近登録された顧問のプロフィール

  • 槇加志波

    槇加志波
    顧問契約
    (62歳/メーカー(電気・電子・機械・輸送機器))

    経営判断、事業運営の実践経験を役立てていただける出会いがあれば幸いです。
  • 大木孝仁

    大木孝仁
    セミナー講演
    (45歳/教育)

    組織の中核となる管理職、組織のこれからの人財となる新入社員研修を得意とする講師
  • 野口修司

    野口修司
    顧問契約講演
    (70歳/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

    中小企業の海外進出・拡大の支援
すべてみる