中国進出の製造業の問題点。課題解決、見える化支援

カテゴリ顧問契約 顧問野村康造(58歳/東京都渋谷区/IT・通信・インターネット)
このエントリーをはてなブックマークに追加

某業界有名電子機器製造業の現地法人の見える化支援

(背景)
中国進出自体は比較的早い会社であったが、この10年間の中国の経済発展に会社内部の対応が追い付いていなかった。
日本本社でグローバル拠点管理が決定されたが、肝心の日本側のIT会社が中国の事情に詳しくなく、中国側独自でシステム化を検討する必要が出た。
しかし、長い期間に現地の業務自体も複雑化しており、それぞれの部門がバラバラで新任の総経理も会社命令が有るもののどうしたら良いか分からない。
また中国は大きな市場が有る事で日本本社の中期長期計画で更に2つの工場の拡張計画もあった。
いろいろと現地の日系IT会社に頼ろうとするも付き合い無く、見積もりも非常に高価であった。

(実施)
現状の会社の内部の業務フローの整備、システム化に向けた各部門の責任者と担当者に課題や問題のヒアリングと調査を実施。
業務フローを整備して、見える化の為の管理ポイントを作成する。
課題や問題点は、全てヒアリングして課題表に整理する。
改善の優先順位を決めて、提案書を作成。
既に動いている工場なので一度の改善は難しく、
重要箇所の改善から段階的に改善していく計画を策定した。
最低限の管理ポイントのシステム化実施する。

(結果)
日本本社も予想してなかった問題点や課題が数多く分かるようになった。
当初、簡単に考えていたIT化で無駄な予算を使わずに済み、段階的な改善をすることにより現場からの不満噴出が出なかった。
費用を抑えた最低限の改善の方向性が見えた。

顧問情報

野村康造(58歳/東京都渋谷区/IT・通信・インターネット)

中国に進出した製造業・流通業の抱える課題と問題解決、駐在員問題とWEBシステム・EC等の構築 経営コンサルタント系の業務プロセスコンサルタントです。 結果として製造業や流通業等をIT化していき業務の可視化を実現させる領域が得意。 【職務要約】 大学を卒業後、自動車メーカーに進み約12年間勤務。 海外営業部に所属し主に海外工場設立に関係する調査や交渉を経験、その他、マーケット調査等も経験。 日本に帰国後、IT業界に進む。 オープン系システムの基礎を取得する絶好に機会に目恵まれてITの技術を取...
  • 中小・ベンチャー企業の成長支援をお考えの顧問の方、今すぐ無料登録
  • 顧問の経験や人脈を活用したい会社経営者の方、今すぐ無料登録
  • KENJINSマガジン 眠った才能で革新をもたらす顧問活用メディア

最近登録された顧問のプロフィール

  • 槇加志波

    槇加志波
    顧問契約
    (62歳/メーカー(電気・電子・機械・輸送機器))

    経営判断、事業運営の実践経験を役立てていただける出会いがあれば幸いです。
  • 大木孝仁

    大木孝仁
    セミナー講演
    (45歳/教育)

    組織の中核となる管理職、組織のこれからの人財となる新入社員研修を得意とする講師
  • 野口修司

    野口修司
    顧問契約講演
    (70歳/コンサルティング・リサーチ・専門事務所)

    中小企業の海外進出・拡大の支援
すべてみる